忍者ブログ
●ボンバードラミの馬的着付け的音人生 (^-^)/
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

友達や親戚や知人から
何から全員呼び付けて
ライブハウスがパンパンになるのも
激しくありがたい。


けど、
聴きたいと感じてくれた人が
来てくれた時ほど嬉しい事はない。

友達だから付き合いで
仕方なく行ってあげようと
すべての友達が思うわけじゃない。
聴きたいから聴きに来てくれている。
少なくとも三回以上来てくれる場合は付き合いを超えてきてくれている。
間違いない。
だけど見知らぬ人が
来てくれる程のハードルは無い。
フェイスブックやTwitterを見たとか、
別のタイバンを見に来てたのに
コッチにも来たくなりましたとか、
そういう勇気ある行動を
起こしてくれたとき、
動いてる~っ。
と感じます。
有難い。本当に。
演奏の告知は義務だからするけど
過度な勧誘はしたく無い
友達には特に圧力をかけたくない。
昔それで散々失敗したから

たくさん入れたら成功。
全然そんなことは無い。
無理矢理誘って
仕方なく来てくれた人が
かもす空気は
演者にマイナス作用はあっても
プラス作用はない
こっちの問題でね
申し訳ない気持ちが
勝ってしまうから。

何処からを無理矢理と呼ぶかは
意見が分かれるところか。
毎日しつこく
あの手この手で連絡し
手変え品変え
最後は勧誘
これじゃまるで
悪質な宗教みたいだ。

どんなに誘ったって
興味がなければこないんだから
多少強引でもいいんじゃないの?

わかる。
わかるけど、大切な友達と
来るだ来ないだいう
やり取りは正直シンドイよ

またあいつから電話来たわ
気付かないふりしとこ

友達をこんな風に失いたくない

そんな奴そもそも友達なのか?


いや、分かるよ。
わかるけど、
とにかく友達は
巻き込みたくないのよ
極力。
友達=私の音楽を自分の趣味の音楽としてくれる人
じゃないから。
趣味じゃない音楽を
金払って聴きにいくかね?
行かないね。
少なくとも私は。

お客さんが好きなように
聴いてくれて
好きな判断をする
そういう場所にしておきたいんだね。
友達だからあまり悪くも言えない
とかそういう空気もダメなのよ。

そんな当たり前のことが
なかなかままならない
世の中ですよ。

媚びない、笑わす、押し付けない。
客側の自助努力によってしか
客が増えないシステムを
採用してるんです。

次のライブもほとんど宣伝しない。
忘れてしまうだけだけど。(^^;;
ALBUMの宣伝もしない。
忘れてしまうだけだけど。(^^;;
今出してる音だけを聴いている。
同じ的反応。
反発反応。
別視点反応。
フリーで培った反射神経が
カチカチの構成音楽に
活かされて来てる
入れる時は痛い
辛い、苦しい
出すときは全てを忘れる。
修正工夫
繰り返し

お客さんがついて来るわけない
当たり前じゃん。

感覚的なお客さんなら
踊り出してくれるようには
なってきてる。

踊る必要ある?
あるね。

音楽は言葉

分からせるだけなら
歌ったりせず
話した方が良い
情熱的に。

体を使って言葉を入れるのが
音楽なんだも。

どんな曲でも踊るんだ。

踊る=身体を動かして理解する

手拍子、柏手、足拍子
これがもっとも
簡単な踊りでしょう。

これが出来なくて
散々な思いをしたよ。
未だに不安だらけだけど

お客さんが踊り出したら
よし!まぁまぁ!

お客さんとは
自分を映すバロメーターなり。
PR
まぁまあうまく行っているんじゃないかと思う。
少なくとも夜店の呑気なデュオという意味では。



しげるちゃんは
しゃべらなきゃ
かっこイイし

ふざけなきゃ
ギター上手く聴こえるし

キックしたり
鼻くそ飛ばしたり
オナラぶっこいたり
しなけりゃ
優しいし。

人一倍気を使う方だと思う。
なんで
同窓会から出入り禁止になるのか
わからないよ。^^;

同窓会出禁って
斬新すぎるやん^^;。

夜店の呑気なデュオというジャンルをどうみるかという問題はある。
もちろん来た人には
くつろいでもらいたいし
楽しんでもらいたいし
また時々行っても良いな
くらいは思ってもらいたい。
だけどこっち側では
血みどろの戦いが起きて
一寸先は闇状態であってほしい
いや、あってほしいわけじゃないが
そうなってしまう

ワッチには
越智泰彦とのデュオがあります。
常にその状態
だからリハーサルだって
こないで欲しい永遠に
と心の奥底では思っている。
だってそれまでには
一つ二つ新しいやり口を見つけて
変わって違う何かを
提示出来ないと
リハーサルの空気が
尋常じゃなく悪くなるから
言わないけど
なんで呼びたしたんですか今日?
と言われてる気がする

このバンドに
しげるちゃんが入って
良い影響のある
最初の期間は
過ぎた。
かっこイイ曲は
めっさ良い感じになっている。
逆に
どう取り組むベキか分からなく
頭をかきむしって
ブチ切れる
珍しいしげるちゃんも
ウチのバンドにはいるのです。

そこは残念ながら
私の問題ではないので
関与する事はない。
ブチ切れたくなければ
方法は二つ
ぶち切れなくて済むように
理解して挑むか
ブチ切れなくて済むように
回避するかだ
どちらでもご自由にだ。

自分のバンドを回避すると
やる意味さえ無くなるから
理解して挑む道しか
私には残されていない

まず「前提」が意識的に
共有されていないなら
才能(無意識にセンス良くバランスを取れる事)に頼るしかない。
才能に関してはしげるちゃんは
抜群だ。
しかしここで言う才能は
意識で操れない
だからムラが出る

このバンドは
一曲一方程式で挑んでいる
だから球数が少ないと
共有できる曲が少なくなる
だから今まで三人目が
入れ替わり立ち替わりだったね

しげるちゃんだけ保たれているのは
このバンドに必要な前提を
才能で共有できるからに他ならない。
それは誰もが喉から手が出るほど
欲しがっているもの。
それを彼は無意識に
無自覚に持っているのだ
気付いていないから
時と共に失う可能性がある
どうなるかはわからない
怖すぎる
だから私はその部分については
意識でやっている。

それに伴い方程式が
おぼろげながら見えてくる
他人の曲もバラバラにして
再構築している。
どうやればバラバラになるかが
わかってきたから。
やり過ぎかもしれない。
けどやるしかないからやるのだ。

トリオは面白いです。
上手くいかないからますます
面白い。

5/23クレッシェンド
上手く行っているデュオ。

7/9マンダラ2トリオで切り込む

7/19下北沢ビッグマウス
デュオ。

8/4祖師ヶ谷大蔵ムリウイ
多分トリオで。
と入ってきている。

三人を是非聴いてほしい。
これはお客さんが自ら
補間しながら聴く音楽。
はっきりいって難しい音楽
わかった瞬間天才かもしれんと
自分を讃えたくなるような音楽

デュオも聴いてほしい。
ビールが旨くなる音楽
人生が楽しくなってくる音楽

抜いたり抜かなかったりを
繰り返しながら
バンドとして少しずつ
のびてます。
■4/28sat@調布フーズバー猫村 有村森GT ¥1000
http://www.nekomura.com/

■5/3thu@吉祥寺シアター 西海しげるGT ¥1200
http://www.musashino-culture.or.jp/k_theatre/

■5/11fri@下北沢BIGMOUTH 西海しげるGT ¥2000
http://www.livebarbigmouth.com/

■5/18fri@調布フーズバー猫村 有村森GT ¥1000
http://www.nekomura.com/

■5/23wed@吉祥寺CRESCENDO 西海しげるGT ¥1200
http://kichijoji-crescendo.net/

■5/26sat@下北沢未定 西海しげるGT 

■6/6wed@下北沢BIGMOUTH タカスギケイGT ¥2000
http://www.livebarbigmouth.com/

■6/17sun@西荻窪CLOPCLOP 西海しげるGT ¥2000?
http://www.clopclop.jp/


ギタリストたちとのデュオ三昧と判明。
有北君とはボサを中心に。
西海君とはオリジナルやらポップスやら。
タカスギ君とはオリジナルとルーパー君。


仲間が亡くなった。
余りにもあっけない最期だった。



リハーサルから帰ってから知った。

ショックと悔しさと後ろめたい気持ちや罪悪感があわせて押し寄せてくる。

甘えん坊だった。

よく夜中に電話してきた。

同情してよ。
かまってよ。

そんな感じが
だんだんうるさくなって
適当に距離を置いていた。

フェイスブックでつぶやく事も

また言ってるよ

くらいに思っていた。

椅子から転げ落ちた。

なんで一々大丈夫?って言わせるような事を書いてくるのだ?

熱がある。

どうせ大した事ないんでしょ?

病院にいく。

はいはい。

そしたら亡くなってしまった。
それならもっとちゃんと心配してあげていれば良かった。

という罪悪感に苛まれるはめに。

狼少年とはこの事か。
あれはこういう人の事を書いた話だったのだ。
今は昔
って
今も昔も結局同じってことなんだ。
そうした新生かまってちゃんを
扱いきれずものすごい罪悪感を
背負わせてさっさと楽になるなんて
罪作りですよ。


だから狼が来るって言ったのに


被害を被るのは
彼を相手にしなかった村人。

そこもピッタリ一致。

村人は死んだかもしれないが、
生きて
あの時ああすれば良かったか
こうすれば良かったか
なんてずっと悶々と
する村人もまた辛いものだ。



春だというのに
去年も今年も心が重たい。



なんとか気分を軽く。



と、思います。



さて次回は

3/31西荻窪クラップです。
元うずまき現東京ローカルホンクの
ベース迫田敬也
現東京ローカルホンクのベースアラケンさんと長きに渡り
エレキメロンというバンドをしているギター西海しげる
さらにバリバリプロのサックス
春名正治さん。



豪華なメンツでやります。
夜20時から2セット。
ご飯めちゃくちゃ美味しい。

クラップは英語でclopclopと書く。
馬の蹄の音。
マスター馬好きのナイスガイ!

店もチョイウェスタン。
西荻窪駅南口から徒歩3分。

なんとここが亡くなった彼と最後にあった場所だったという皮肉。

あたしん事もかまってよーっ。
◆3/24@調布 猫村
http://
www.nekomura.com/
前原孝紀ギター ボンバードラミ歌
\1000/2030から2セット


◆3/31@西荻窪clopclop
http://
www.clopclop.jp/
西海しげるギター ボンバードラミ
迫田敬也ベース 春名正治 サックス
\2000/1930 タイバンplus合体


◆4/6@下北沢ビッグマウス
http://
www.livebarbigmouth.com/
タカスギケイギター、ボンバーキーボード
\2100/20時以降 お通し無尽蔵


◆4/14@川崎ファクトリー
http://
www.owat.net/kawafac/
ヒノキヲタクロウ絵、西海しげるギター、越智泰彦ベース、
ボンバーギター
\ドネーション/17時から演奏19時過ぎから宴!一品持ち込み歓迎。


◆4/28@調布猫村
http://
www.nekomura.com/
有北森ギター、ボンバー歌
\1000/1930から2セット


◆5/3@吉祥寺シアター
http://
www.musashino-culture.or.jp/k_theatre/
西海しげるギター、ボンバーギター歌
前売り\1000/当日\1200
15時から

◆5/11@下北沢ビッグマウス

http://
www.livebarbigmouth.com/
西海しげるギター、ボンバーギター歌
\2100/20時以降


◆5/23@吉祥寺クレッシェンド
http://
kichijoji-crescendo.net/top.html
西海しげるギター、ボンバーギター歌
\1200/不明

詳細追って。
■2/21@吉祥寺マンダラ2
http://www.mandala.gr.jp/man2.html
越智泰彦ベース
西海しげる ギター
ボンバードラミ ボーカル、ギター
¥2000 20:15時くらいスタート。

■2/23@吉祥寺クレッシェンド
http://kichijoji-crescendo.net/
西海しげるギター
ボンバードラミ
チャージ1200
20:30から。
対バンに懐かしい学生時代の仲間がでます。

■2/28@東京倶楽部 目黒店
萩尾しの歌
星野朱美歌
ボンバードラミ歌
http://www.tokyo-club.com/
meguro/schedule/index.cgi?
d=28&m=02&y=2012
2800チャージ。
1930、2100、2210三Stage。一人二曲を三Stageです。

■3/8@下北沢ビッグマウス
http://www.livebarbigmouth.com/
タイバン充実。
私はタカスギケイ君と久々にやります。にれの木祭り付近の曲をやります。
2000 時間不明。

■3/24@調布猫村。
http://www.nekomura.com/
前原孝紀ギターとのデュオでJAZZやらオリジナルやら。
ミュージックチャージ1000円

■4/6@下北沢ビッグマウス
西海しげるギター
ボンバードラミ
2000チャージ

■4/14@川崎ファクトリー
ヒノキヲタクロウ画
越智泰彦ベース
西海しげるギター
ボンバードラミです!
詳細追って。
2/14@下北沢ビッグマウス
http://www.livebarbigmouth.com/
西海しげる ギター
ボンバードラミ ボーカル、ギター

友人宅で今から泊りがけでチョコを作りに行きます。中学時代からのテニスのパートナーで毎年かかさず一緒に作ってました。久々のコンビ復活です。懐かしいですね。大量に作って、義理チョコはなんなく渡せるのに本命は渡せずいつも自分で食ってたあの頃。結果太る。二重に後悔する。
みたいな事を繰り返してたあの甘酸っぱすぎ、糖分取りすぎの青春。
さ。この模様は後ほど写真で公開しましょ。パートナー超美しいのです!

で嫌がるしげるを強引に説得し、ボンバーしげるのマイファニーバレンタインを演奏します。笑い必至。しげるがJAZZる?

¥2000 21時くらいスターと。


2/28@東京倶楽部 目黒店
萩尾しの歌
星野朱美歌
ボンバードラミ歌

http://www.tokyo-club.com/
meguro/schedule/index.cgi?
d=28&m=02&y=2012

ボーカル多数。
2800チャージ。
1930、2100、2210三Stage。一人二曲を三Stageですから色々な歌手を楽しんで下さい。ものすごい企画です。ボーカル三つ巴。リハーサルなしのぶっつけ本番。逆に曲を何にしようと悩んでしまう。何の逆なのかもよくわからないけど。


3/8@下北沢ビッグマウス
http://www.livebarbigmouth.com/
タイバン充実。
私はタカスギケイ君と久々にやります。
タカスギケイ君?
忘れてもらっちゃこまりますよ!
ALBUMにれの木祭りでギターを担当してくれています。
とはいいながら最近西海しげる氏とばっかり遊んでいるため、なかなかなご無沙汰。
ALBUMの曲を多目に演奏します。
てことはキーボードにしようかな。
ケイ君に連絡しなきゃ。

仮3/24@調布猫村。
http://www.nekomura.com/
こちらはまだお店からの返事が来ないので仮です。
前原孝紀ギターとのデュオ。
こちらはこちらで始めないとライブハウスからの誘い待ちでは永遠に始まらないと、重い腰をギックリ気味に上げてます。そして私にしては死ぬほど勇気を振り絞って(友達シンガーに紹介してもらっただけ)あたらしい店を探しやっと見つけた店ですが、一行に返事か来ないのですね。なにかものすごい力で引き止められているとしか思えません。とにもかくにも、またやろうとなってはや一年くらいか?
やっとやらせてくれる店も半決まり。
前原孝紀さんの素晴らしいギターを
私のお客様にも聴いてもらい、
ウットリして頂ける算段となってまいりました。
こちら猫村はご飯も普通に食べられる
アットホームな雰囲気の店です。
マスターは猫好きではなく犬好き。

さ。
くだらないことにこそ
命をかけるのです。

明日は下北沢ビッグマウス。
西海しげる氏とのデュオ。



リハーサルも終了!

本番!
Happiest New Year Songs from bombardorami



think like guitar

■1/27@下北沢BIGMOUTH

w西海しげるagt

http://www.livebarbigmouth.com/

18:30/19:00¥2100+ORDER

Address : MAEDA BLDG 2F-A 5-6-14

daizawaSETAGAYA TOKYO

TEL: 090-9374-1123



■2/21@吉祥寺manda-la2

w越智泰彦eb 西海しげるgt

http://www.mandala.gr.jp/man2.html

18:30/19:30¥2000+drink

Address: minami kichijouji2-8-6-b1

TEL:0422-42-1579



■2/23@吉祥寺crescendo

w 西海しげるagt

http://kichijoji-crescendo.net/top.html

18:00/19:00 \1200+order

Address: 〒180-0002武蔵野市吉祥寺東町1-25-24

サンパレス東町ビルB1

TEL: 0422(22)8561



■3/31@西荻窪clopclop

w 西海しげるgt

ハルサコフジ(迫田敬也eb 春名正治sax)

http://www.clopclop.jp/

19:00/20:00 \2000+order

Address: SHOAN SUGINAMI TOKYO3-39-11 B1

TEL: 03-5370-2381





http://bombardorami.blog.shinobi.jp/
1/27@下北沢ビッグマウス
2/21@吉祥寺マンダラ2w越智泰彦eb
2/23@吉祥寺クレッシェンド
3/31@西荻窪クラップクラップwハルサコフジ

詳細は追って。



録音も少ししてます。
デモ的なモノにしかなりませんが
欲しい方には販売も予定してます。
既にジャケットを水季画伯が描いてくれました。
気に入ってます。
早く中身を作らないと!
あとは西海しげる氏のギターが入るだけ。
このバンドの稀少価値について考えた所。

結論。


ハンパねぇ ©トータルテンボス



ほとんど人前に出ない人と
ほぼソロしかしない人と
あまり誰ともやらない人

どう考えても
一所に集まるはずの無い
三人なんですね。

トキとタスマニアンタイガーとクロマニヨン人のトリオとお考え頂けたら間違い無いんじゃないかと。

年齢もバックグラウンドも全く違う。

年齢はほぼ10ずつ違う。

経歴は
越智泰彦さんは多分
すごい色々やってきた経歴の
持ち主と思われるが
ほとんど知ら無い。
村上ぽんださんの誘いを断った。
とか、
ワンノートサンバ作曲者との
演奏で遅刻されて怒って帰った。
とかそんな武勇伝もあるが、
それはむしろした事ではなく
しなかった事なわけで。
何をしてたのか?
自分のバンドから
自分がクビになった
って話は聞いたな。
次の事に行こうとしたら
みんな今の成功にしがみついて
邪魔者扱いされたんだそうです。
ちゃんちゃん。

西海しげる氏は
お兄さんもギタリストで
森山直太朗さんのバンドを
仕切っていますが、
それはお兄さんであって、
しげるくんのこれまでについては
ほとんど知ら無い。
エレキメロンと
オールグリーンマンという
ややミドリがかった
オリジナルバンドを
してました。
オールグリーンマンのベースも
エレキメロンのベースも
もとうずまき、
元東京ローカルホンクという
人気バンドのベーシスト。

ほとんど知ら無い人となぜ
知り合ったのか?

越智泰彦さんは祖師ヶ谷大蔵ムリウイカフェのマスターによるお見合い。
そうなるためには
クラゲアシキリさんという
ミュージシャンに
ムリウイを紹介してもらう
必要があったわけで。
キリさんと知り合ったのは
阿佐ヶ谷のガード下。
今はなきチャンピオンという
洋食屋さんで
ライブ終わりの
キリバンドとボンバーバンドが
同時多発的に打ち上げないと
出会わないわけなんで。
なんというスレスレの
偶然的タイミングの応酬。
コレが七年前。

西海しげる氏に知り合うためには
先ず中目黒楽屋での演奏の日々の中でギタリストモリナオキ氏
との出会いがあり、
ナオキ氏の紹介で
迫田敬也氏ベースと出会い、
彼が下北沢ビッグマウスで一緒に演奏している西海しげる氏をモリナオキ氏と見に行ったという流れ。

そこでの演奏に惚れすぎて、
その足でしげる氏の家に
泊まりに行ってしまった。
迫田氏も一緒に。
起きるとしげる氏も迫田氏も
バイトで既におらず、
一階ではお父さんが
クリーニング屋さんを営んでいた。
しゃこーっしゃこーっっ
服にアイロン当てながら

コレが長男がオリジナルラブで
ギターを弾いてるんだよ
ほらほら。

必死で息子自慢をする
カワイイ父。

何だかメチャクチャあったけー。

てか
お父さん始めまして。
あたしゃ昨日息子さんとも
始めましてだったんす。

なんて思ったのが
昨日のようだけど
もう10年前!

西海しげる氏の方が
先に出会ってたんですね。
そこから付かず離れずの
関係をずっと十年して来られたのは
基本的に西海しげる氏の演奏に
メチャクチャ惚れているから。


越智泰彦さんとの7年が続いてるのは
易々とやら無いかわりにヤるなら
見捨てたりし無いタイプの人だから。

今回西海しげる氏を口説いて
参加してもらい
何度か演奏を重ねるにつけ
ヤッパリあの時惚れた
感覚は間違い無かったなぁ
と思うんです。

ものにはタイミングが有るんだな

7年前から三人で出来たはずなのに
今、じゃないと成立し無いんだ。

そんな七年越しにようやく
立ち上がろうかという
バンドを仕切っているのが
わっちのギター
という甚だ心許ない
状況ではあります
わっちのギター歴は
まだ二年にならない。
しかしありったけの思想を
ぶち込んで
見たことないやり方を
やってます
ちゃんと音楽
なぜだかわからないが
気持ち良い
そういう事です。



稀少価値的にも
演奏の面白さ的にも
必見です。
1/27@下北沢big mouth
w西海しげるagt
2/21@吉祥寺mandala2
w越智泰彦eb 西海しげるegt
2/23@吉祥寺crescendo
w西海しげるagt

詳細はまた追って。
まずは皆さん
日程の調整をお願いいたします!

全て趣向を変えてやります。
ものすごいチャレンジです。
ドキドキします。
どこにきてくださっても、あるいは全てに来てくださっても
違う楽しみ方をしていただけるようにいたします。

録音中、本日も
階下の住人から天井が揺れちゃってますと言われました。
なぜなら越智泰彦のベースを録音してたからです。
アフリカ音楽人はステージ裏では無く
ステージ下で演奏中の他のバンドを楽しむそうです。振動を楽しむ。
階下の住人さんがアフリカ人だったら良かったのにと思います。
ギャラが取れますよね。
オチさんは今棒を振ってるらしい。
古武術方面の昔の身体の使い方をやっているらしい。自転車はおそらくもう習得してしまったんだろう。角川春樹も毎日2000回棒を振ってるんだよね。角川さんばりにそろそろ宇宙とマジで会話し出しそうです。
身体の中の感覚だけでベース扱う
超達人モードに突入中。
何も考えずに弾いている
という彼の言葉の重みを
早く自分でも感じたい。
一瞬はあるんだけどさ。
それは体質的に感覚的だから起きるんで、技術ロジックを全て習得した上で技でそうなる達人とはちょっと違うのね残念ながら。
達人だとどういう音になるのかは聴いてもらうしかない。
滅多に人前に姿を現しません。
希少価値は朱鷺レベル。
(凄いえらい人とやったりしているけどそういうことは彼の本質と全く関係ない事なので書きません。)
マイルスやピカソと共通する。
今までに習得した事の焼き直しではなく、得たものは捨てて次へと進んで行くタイプのベーシストです。ちょっと聴いただけではわけがわからないと思われます。
わけはわからないけど気持ち良い。
理想の境地です。

西海くんはすでに年末モード。
録音は来年になりそう。
フィービースノーのポエトリーマンをやろう。と軽く宿題をもらいました。
聴いてみたら難し。
フィービースノーコノヤロ的。
西海くんは12/18下北沢ビッグマウスで自分のオリジナルを演奏します。
彼のオリジナルがめちゃくちゃ好きで惚れたのです。十年以上前。
それとエレキギターのパワー!
オリジナルは言葉と曲の良さ!
バンドで一緒にやれるようになるなんてちょっと夢みたい。
音にチカラがあり、推進力が半端ない。
一発の音のチカラで、人はこんなに気持ち良くなれるんだ。
さっき紹介したビデオの中の子供がそのまま大きくなったみたい。
その純度の高さ
ダイアモンドだね~♪( ´▽`)あゝ
ピュアな音は一発で人を癒し完全虜にするよね。
先日の画伯も嬉れションを出しながら喜んでました。(ションは無かったかもしれません。)

この間も、きてくれたお客さんとジェフベック論について1ステージ分くらい話し合ってました。
論というとすごそうだけど、
ジェフベックカツラかもしれない説についての熱いロジカルな講義でした。
YouTubeも海外の人にメチャクチャ評価されてます。

二人とも巷でいうえらい人に熱烈なラブコールをもらったりしてるみたいですが条件や音楽的楽しみが少ないとやらなかったり、すぐ辞めちゃったりします。
この二人をくっける事ができている事があたしゃsoプラウドです。

音を楽しみまくり過ぎている
少年達(あたしよか10〜20も上ですけど)に囲まれて
あたしは幸せの極致です。
ありがとう。
ありがとう。
何処のどなたがは存じませぬが!
ユキっちぃを投げ銭してくれた方がありました。

なんまいたーなんまいだー。



画伯渾身のしおりたち。



これが気に入った。

本日は飯炊人に友人代表を指名し、適当な分量の賄い飯を炊き出してもらった。

なんという地底感。

演奏はしゅくしゅくとはじまり、
とはいってもキッチンがステージ裏にあるので、いい匂いがぷぅん。

自然演奏も早回しに。

早く終わって食いて~。



前半が終わった段階でよもや待てぬと、酒ツマ系のジャガイモのサラダをお客さんに振る舞ってもらう。

裏で味見をしたところメチャクチャ美味い!

本人談。

アウェイで十人前の飯を作るのは始めて。何処に何があるかも全くわからず、ふぇーん。あたしは演奏を聞きに来ただけのはずなのにぃ(T ^ T)。

申し訳なし。でも美味いっ!




とっとと演奏を終わらせ、

心なしが絵も食べ物に向かってダッシュしているようで。^^;

別の友人談

聖なる夜の百鬼夜行みたいだね。

こっの方が綺麗だからこっち採用。




みんなで美味しくご飯を頂きました。
そこここで話が弾み楽しい宴となりました。

過分な投げ銭を差し入れて頂き有難い気持ちでいっぱいのなか忘年宴の会は終結しました。

車で来てしまった西海君は飲む事が出来ずしょんぼり帰りました。

久々の完全別行動。
オチさんはひょーひょーとやって来てひょーひょーと帰って行きました。

今年最期に全て丸く収まったのはとにもかくにも、このうだつが上がらなすぎのボンバーに場所を提供し盛り上げてくれた友人、仲間の皆さんです。
ありがたいことです。

来年は録音をしてまだ未開のライブハウスを開拓しつつ、野外演奏に向け準備をします。
西海くんとのコンビネーションを高めるべくDUOでも回れる店を幾つか見つけました。

誰にも認められず孤独死するんじゃないかと真剣に心配し始めた矢先。
最後に友人、仲間たちが暗い穴から引っ張り出してくれました。

ちなみに吉祥寺クレッシェンドでは演奏時間25分のところ大幅に時間を使い40分もしてしまいました。
長い付き合いだから多めにみてくれたし、なんにも言わないでいていてくれたけど、ラインでとった録音時間を知って焦りました。
まさか5曲でそんなに行くとは^^;。
西海くんとDUOだと話が長くなり過ぎると判明。

もう一つ判明したのは新しい歌い方。
最近歌が聞こえないから困っていたけど、これで大分聞こえる。
ソバなりで自分ばっかり聞こえるやつだったらどうしよとラインでとった録音を聞いて大丈夫らしいと判明。
ただ自分の声じゃないみたい^^;。

母ですら

これあなた?
なんか違うひとみたいだねぇ。

そうなんです。
少し変えただけで超別人。
でも聞き取りやすいからこれは
採用!

一つ問題はギターが聞こえなくなったことくらい。

なんなんだろうなぁ。
耳の神秘。

この前まではギターははっきり聞こえて声が一切聞こえなかったのに^^;

でもきっとこっちが正解。
ギターは聞こえないならツマミをひねれば良いんだもん。

ちょっとあと何回が試して体になじませたいんだけど、今年の演奏は終了。
また来年!






PCDead。
焦らないなあ。
必要な物は一切入って無いんだなぁ
友達とかはいってたら焦るけど。



12/4@川崎ファクトリー越智泰彦ベース、西海しげるギター、ボンバー歌、ピノキヲ画伯絵17時から投げ銭。今年最後。来年はなにも決まってないから人生最後という事もできる。賄い飯あり。飲み物持参。酒の差し入れあり。画伯手製しおりプレゼント。



賄い飯炊き人も決まりました。
宴付きライブに変更。
日本酒の差し入れあり。
リンゴ差し入れあり。
それ以外の一品料理差し入れ歓迎!‼

行き方。



1637.1703あたりの南武線尻手発の南武支線で浜川崎駅下車徒歩4分。
改札出て右に。
ヤマザキパンの角を右折。
トンネル通ると◯◯の番長がいます。



で踏切超えて一つ目の角を右折。
すでにこの辺りから民家フィール全開です。

更に一つ目を右折。

で突き当たり右側の倉庫みたいな建物。

本当にここか⁈

と一瞬たじろいだら正解!
全力でお入りください。

音楽と絵とネコと宴の世界です。



こちらが吉祥寺クレッシェンドです。
ゴリゴリのロックの箱!
入口からアングラ感二百%!



けど私には懐かしい箱なのです。
音楽を始めて始めてのライブ出演はここでした。

リハーサルを終えて
しげるくんをご飯に連れてゆく。
連れてゆく先も学生時代の同級生の店。
吉祥寺は地元なのだ!



しげるくん。うまい飯に舌鼓。
ここは鳥のモモがめっちゃ上手い!
他にも美味しい飯が一杯!
私は茶でガマン。



さて。お茶で身体を温めて、いざ演奏です。



トムクルーズの来日と被ってしまったためお客様はまばら。^^;。

しかしありがたいことですね。
寒い日にわざわざ足を運んでくれるありがたさ。

加えて、もって行ったアルバムが全てうれてしまいました。
売れるわけないだろと三枚しか持っていかなかったのね(^◇^;)。

アホ~。



無事にライブも終わり、画伯から12/4のプレゼントのしおりの写メが送られて来ました。

浜川崎はマジで辺鄙なんす。

賄い飯担当も決まり、とりあえず準備は着々と進んでいます。


はぁ。禁断の扁桃腺腫れ。
治れ治れ治れぇ。



ふぁー。
何とかなるなかぁ。



ぷふぅ。


12/4は尻手からおこしください。
尻手駅は川崎から南武線で一駅目。
時刻表をチェキラ。


16時37か、17時03がほどよき時間かと思われます。



改札でたら右に⇒山崎パン角右折⇒トンネル抜け踏切渡りすぐ右折⇒また一つ目右折⇒で右手奥の倉庫のようなガレージのような建物。

出演
ボンバードラミ歌、ピアノ、ギターと越智泰彦、ベース
西海しげるギター
ピノキヲ画伯 絵
只今料理人出演交渉中。
食べ物飲み物持ち込み自由。



母は時々私っぽいものを送ってくる。
どんなイメージよと思うけどあながち間違いではない。
ま。
イイけどさ。



実家に帰ったから
付近の公園に行ったよ。
アメリカさんありがとうな公園。
畜生なスケール感。



超かっこよし
ロック野郎の名台詞。
水泳練習してるぜ。
三途の川を渡るからよ。




祈る事はありすぎるから、全部まとめて祈らなくてもすみますように。
パムッパムッ(>人<;)



年末の気配。洋。



年末の気配。和。



ともあれ。
お出かけ下さい。
魂の交換。



マイルスとコルトレーンも待ってるよ。

http://www.youtube.com/watch?v=g5nv8kWZD5w&feature=youtube_gdata_player



宣伝をYouTubeで。
なかなか面白いではないですか。

今週三人でリハーサルがありますので、三人バージョンも作ってみます。

11/10@三軒茶屋「お山のすぎの子」
http://www.oyamanosuginoko.com/
jazz night ♪19:30~ ♪20:30から
¥投げ銭
西尾健一(tp)佐久間優子(pf)梅沢茂樹(cb)ボンバードラミ(vo)

西尾健一トランペット、佐久間優子ピアノ、梅沢茂樹ベース、ボンバードラミ。

ボンバー妄想JAZZをお送りします。
ミュージシャンもハテナが一杯点灯してます。
曲はテネシーワルツとかワンノートサンバとか有名な曲なのに。^^;
ま、ま。
素晴らしい事だとおもいます。
わたくしの理想です。
誰もが知っている曲を誰もやらない方法で、何の曲か分からないくらいに理論的に変形させ、しかもカッコ良い、もしくは気持ち良い、もしくは眠くなる。
今日はプラスでうどんが食べたくな〜るの呪文付き。

何の曲か分からないは言い過ぎです。
JAZZの曲は複雑だからなかなかそこには至りません。
でもまぁまぁ頑張ってます。
分からない人には、気持ちよく眠気を誘い、わかりたい人には、え?どうなってんの?
知的好奇心を刺激し、
わかる人には、ああなる程、でもこうやったらもっとわけ分からなくなるのに。
といった見方をしていただけるはずです。

投げ銭だし、うどんも美味い。
寒さも都合良く増して来ましたし、ちょうど良いですね。

お待ちしてます。

皆さんの温かい投げ銭が、ミュージシャンの取り分です。
是非たくさん投げに来てください。


文字通り。
遊んでいます。

この素晴らしい文字は
友人の書道家(こういういい方を本人が好むかは未確認)
恵水(ケイスイ)さんが書いてくれました。

恵水さんは闊達で快活な字のごとく、
大胆で、大らかで、やわらかく、しなやかな、
かといってそういう秀でた自分を
ひけらかしたり、強く自覚したり
相手にそういう人間にすべき扱いを
押しつけてきたりは一切しません
だから素敵なんですね
普段はゆらゆらしているけど
いざ文字を書くとなったら
この集中力
良い字が出るまで
何時間も集中しちゃうらしいです

なんかちょっとやってみてよ
なんて頼んでしまって
罪悪感でいっぱいです。


肝心な音楽隊は
まじで遊んでいます

なかなか私の音楽は変わっている部分も多いらしく
複雑なコードを解析することが好きな人にとっては物足りなく
アフリカ音楽やブラジル音楽、レゲェなどのように
定型的なジャンルの型のリズムとも少し違う
へんてこな音楽・・・(本人はポップスだと思っている)

西海氏は悪戦苦闘しつつも
この変てこ空間を遊んでくれています
悩んでくれるところが
まず、申し訳なくもありがたい事です
キーがCで一発ということの
恐ろしさをヘントウタイで感じてくれている

子供に語る童話を大人でも意味がわからなく
という所に持っていくのは
単純な中に
詩的面白さ
哲学的深さ
知的意図
なおかつ明快に
でも考えるとわけがわからなくなるという
二重性

多面的な要素を
ぶち込んで
ごった煮にするのです。

それするには
子供の実験感覚が必要です。

ねぇねぇ
これにあれをいれたらどうなるかな
やってみよ
それも入れちゃえ!
おーっ。
うえぇ~っ
なんかひどいことになってきた

ぎゃははははは


そういうことなんですね。

■10/26(wed)@川崎チッタデッラ
http://lacittadella.co.jp/event/open.html
Jazz Night♪18時から19時
¥charge free

■11/10@三軒茶屋「お山のすぎの子」
http://www.oyamanosuginoko.com/
jazz night ♪19:00~ ♪20:00~
¥投げ銭
西尾健一(tp)佐久間優子(pf)梅沢茂樹(cb)ボンバードラミ(vo)

■11/17@祖師谷大蔵「CafeMURIWUI」
http://www.ne.jp/asahi/cafe/muriwui/events/index.html
experiment night ♪19:00~ ♪20:30~
¥投げ銭
越智泰彦(eb)ボンバードラミ(vo:agt) ゲスト:西海しげる(egt)

■12/4@@川崎「ファクトリー」
http://www.owat.net/kawafac/
experiment night ♪17:00~
¥投げ銭
越智泰彦(eb)ボンバードラミ(vo:agt) ゲスト:西海しげる(egt)

いつものバンドで試すのは
新しい風を入れるとどうなるのか
今回の風(西海しげる氏)は
ジェフベック及びロック方面から吹き込む風で
今回どうなるのか本当に楽しみです。
リハーサルに入りました。
一番の驚きと嬉しさと有難さは
こういうやり方の難しさに
すぐに気付いてくれるところ
リハがたくさん必要だということも
色々試さないとうまくはまっていかないことも
すぐに察してくれる
でも一時停止には気付かず
警察に注意をされてしまうの
お茶目だね(^^;)
誰かの建てた家で演奏するなら
らくちんだけど
自分たちで基礎からつくるから
半立ちの家に途中から入ってきて
この辺に棒を一本建てればいいよ
なんて気付くのは大変
大きくて立派な家しか知らない人は
掘立小屋を建てる
大変さや、楽しさを知らない
そういうのはなんだかもったいない気がする
途方もない大きなものを持つには
何を得るのかよりも
いかにいらない部分を削るか
がポイントなんじゃないかと思う
絶対残さないといけない部分を
見極め
がっさり不必要を落とす
そういう意味でものすごくセンスがいのが
この西海しげる氏だと思います
昔からカッコイイギターだから大好きなんだけど
なんでか分からなかった
本人は多分無意識でやってんだよね
でも
この間こんなことを言っていた
「レッドツェッペリンを聴いてもさどこを聴いてるかだよね」

多くの人が得ようと必死になっている
部分を惜しげもなく捨て去り
誰も気づかないところを
大切に育てている
だから
出来ないこともいっぱいあるし
譜面も読めないし
コードもよくわからないけど
生き生きと際立った音が出る
他の人と違う
自分の宇宙で音を回していける
影響されないけど
良い影響だけ与える
まだ手探りの段階だけど
うまくいったら
本当にカッコイイバンドになります

 


2日連続でロバートグラスパーをみにいきました。

攻撃的実験バンドです。

演奏力より、どんな遊びをしようとしているのかを中心に見ようと思いました。
曲とリフを分けて考えているようで
同じリフを別の曲に使ったり、そうしたリフを介して曲から曲へと移って行く。
リフは一つで最低でもフタ通りの取り方が出来る。
簡単すぎるはずのリフが、そっちでとったら死ぬほど難しいじゃんかー。
という風に細工してある。
先ずはベースだけ。
皆が頭拍でとっていると、
そっちじゃないんだなーと
言わんばかりに
同じリフが別のリズムになる。
パッと譜面に出来なくて残念。
ニルバナの曲も初日と2日目では
変えている。
ベースのリフを別の曲で使ってしまったのだ。
2日目のはもっとシンプル。
さらに深い瞑想状態に至って行くため、シンとした静けさに包まれる。

ルールのわからない遊びがずっと続くから

ようはほとんどの人はおいていかれている状態か
一緒に瞑想状態
つまり寝てしまうかだ。

おいて行ってしまってゴメンね、
でもこれがやりたいわけだから
許してねとばかりに
アンコールはお笑いに走る。
最後に笑って帰せば難しくてわけがわからなくて頭を抱えた前半を忘れて、
楽しい気分が印象に残る。
サービス精神も旺盛だ。

おいていかれたことに気づかない人は最初から笑に走れば良いのにと、
残念そう。

何もわからず聞いた人は
わからないけど気持ちよいからおかしかったね

という感想。

そういうものを目指したいです。

いつか、ミシェルンデゲロセロを見た時は、
お笑いほとんど無しで
最後まで雄々しく実験だけで、
演奏力が有るからなんとか皆ついて行ったような気がしただけで
完全に振り払われたような状態だった。
向こうの人は勇気をもってつっこむよなぁ、と脱帽したのをおもいだした。

何故かわからないけど気持ちが良い。

おいていかれたことに気づかない。

笑いや音楽とはそういうもんかなと思う。

やる側としては願わくば
おいて行く方に回りたいものです。

なかなかなかなハードル高いですが。


彼らの演奏力をもってしてやっと人がついて来る。

実験だけで演奏力が伴わないと悲惨だよなぁ。

あたしだよ。

はぁ。

けど同じような実験をドラムレスで
やろうという無謀。

クリスのようなドラムを頭の中に想定してやるしかない。

クリスはハット関してはスティック二本で64を刻み出しているようです。
ハットを叩く時はチョキでスティック二本持ちで上も下も叩く。
一気に倍になるんだね。
って言うのは簡単だけど
あんなに粒を揃えるのは
超の付く技術。
顕微鏡無しで米粒に般若心経を書く

みたいなっ

すべてのゴーストノートにも意味があり、明確でわかりやすく、細かく現在地点が示される。

精度に一ミリの狂いもない衛星からの現在地点。

お笑いの方では
ロバートとクリスが位置を入れ替え
ロバートがドラムを叩く。
ヘタだけどどうしたいかはハッキリしている。
クリスのピアノもだ。
互いに互いの楽器を知っている。

お笑いのはずなのに
こっちは笑えない((((;゚Д゚)))))))

奮い立ちます。
よし。
色々また試すのだ。
ボンバーの大冒険なのだ。













■8/27@祖師谷大蔵MURIWUI Cafe■
越智泰彦(EB)ボンバードラミ(VO;GT)
♪19:00~

http://www.ne.jp/asahi/cafe/muriwui/
かなりリハーサルを積んでいます。
リハーサルばっかり積んでます。
っていうかもうかれこれ7年目・・・?8年目・・・?
長い長~いお付き合い。
農業系バンドもしくは
実務系バンドもしくは
機織り系バンドと思ってます。
地道で同じ作業をひたすら続ける。
その中で糸の色が少し変わったり
図案のモチーフがかわったり
少しずつ変化はしますが
毎日やることは同じです
一人でする練習は毎日できるけど
アンサンブルの練習だて本当は毎日やりたいものです。
マイナス1という自分のパートだけぬかしたCDがよくありますが
あれではアンサンブルの練習にはならないのですね
なぜなら良くも悪くも(悪いだけな気がする)
一切自分の出している音にCDは影響を受けないからです
生身の人間同士なら必ず影響を受けてしまって
出す音のタイミングが変わってしまうものです。
何度も何度もリハーサルを重ね
同じ曲を繰り返し繰り返しやるうちに
少しずつ相手の音の位置取りや
音の背格好に慣れていく
二人でしか出せない揺れを探して
7年前と今では
まったく別の景色を見ている
各々習得して得た何かの分だけ
バンドが深くなるという
きっと相方はますますどんどんどっかヘ進んで行って
個人的な深さを増していると思われます。
近くにいるとよくわからないけど多分そうです。
地道に7年だか8年がかりで開墾してきた
田畑が今年は何を実らせるのか
それはよくわからないけど
一昼夜では表すことのできないもの。
着物を毎日来ている人の
絶妙な着こなし、絶妙な着崩し。
芸歴10年以上のお笑い芸人さんの
コンビネーションのようなもの。
そういうものに憧れます。


■9/10sat@川崎factory■
「打ち上げ前の前座だライブ!」
越智泰彦(EB)ボンバードラミ(VO;GT);
迫田敬也(EB)春名正治(SAX)

open16:00 ♪16:00~19:00
打ち上げ19時から。
いつものことながら、打ち上げ重視。
渡辺設計の善意で作っていただいている賄い飯を
みんなで打ち上がりつついただいてしまうという
渡辺設計出血大サービス企画。
お越しくださる方はおせんべいひと袋でも
実家のぬか漬けでも
もらったものの食いきれない
お中元お歳暮のゼリーでも
来る途中でキヨスクで買ってきた
ポテトチップスでも、
なんでも良いので各々持ち寄って
打ち上げの席に彩りを投入してください。
もちろん渾身の力を注ぎこんで3日がかりで自作した
超絶料理を持ち込んでいただいても有難いわけですが。

http://www.owat.net/kawafac/


どちらも投げ銭です。
ボンバーの二大いつもの所です。
祖師谷大蔵ムリウイで
マスターに紹介してもらって出合ってからというもの
川崎ファクトリーでひそかにはぐくんできた
コンビネーションのあれこれ。
ボンバーがボケて越智さんが突っ込む。
沢山のパターンを少しずつ蓄えてきました。

同じ曲を色んなパターンでやるようになりました。
一人で!他のメンバー達と。
しかし越智さんとのコンビネーションには
はるか及ばないのです。
それは越智さんがすごいからではなく(いや凄いですけど^^;)
単に熟成時間の長さです。
同じ曲を同じ二人でやり続けている執念のようなものが
そこにはあります。
同じ仲間で遊びまくっていると
その仲間同士手しか通じないルールができてくるように。
そういう環境が与えられていることに感謝します。
ピアニストの佐久間さんがこの間録音した音源を送って
とってくれた仕事です。
ありがたや~ありがたや~。

詳細:
http://www.oyamanosuginoko​.com/music/index.php
03-5486-0094 begin_of_the_skype_highlighting            03-5486-0094      end_of_the_skype_highlighting
東京都世田谷区三軒茶屋1-34-11萩原ビル1F
投げ銭 1930~2030~ 2セット
佐久間優子(pf)梅沢茂樹(eb)ボンバードラミ(v​o)

8/6は14時からこれにドラムの染谷忠さんを加え
つくばエキスプレスの三郷中央駅前公園特設会場にて
ひっさびさのバンド形式!
あぁ燃えます。
アンサンブルは難しくってそこが楽しい!
ボンバーあほあほアレンジをご堪能ください。

本当はあほあほアレンジに耐えられないから
自分たちで考えますとミュージシャン方に
言って欲しいとも思います。
意外なことに
あほあほアレンジを楽しんでいただいてしまっていて
それはそれで恐縮至極なのです。
外タレではボーカルが自らジャズバンドをアレンジするって
なかなか聞かない話です。
そういうのには理由があるんじゃないかと思うんですね。
ボーカル=(脳みそが入っていない楽器、もしくは脳みそが新品の楽器)
なぞに任してはおれぬという。

綺麗なピアノの佐久間さん。
最近ひげを生やしてジーザスフィールを出しているベースの梅沢君。
わっちがいま最も好んで演奏をともにしたいジャズメンたちです。

それでもアンサンブルは難しく。
家でクリックでやるときは
まぁ簡単に思えることが
いざ三人でやろうとなるとなかなか
出来ません。
クリックではあんなに簡単に出来るのに~っ
というジレンマがたまりません。
一人で演奏するのは、
この間もちょっとやったけど
やり安すぎるから
やる気が起きないんですよね。
登れない山じゃないと
登りたくないじゃないですか
そこはやっぱし。
そんなわけで、三人でやると一気に難しい。
ほんっと難しい。

同時に音を出すときと、
録音したものに後で音を入れるのでは
場所が全然変わるのです。
録音で入れてる場所に、
同時で出してるときに入れたいのです!
音をっ!
お互いの音に影響を受け会うから出来ないのです。
多分ココぞっていう位置に入れるとピアニストもベーシストも影響されて
おそらくあっちの予測では
はやくなってしまうはず。
けど、やってみます。
今度のうどん屋でとりあえず。
どうなるんだろう。
ほんっとわくわくする。
live info
■7/29(mon)
吉祥寺mandala2
ボンバードラミ(vo gt)
西海しげる(gt)
越智泰彦(eb)
start 20:00~¥2000


都内ツアーのスケジュール詳細
my space音楽配信
youtube風に還る日
youtubeニレの木祭り
youtubeニレの木祭り2
profile
ボンバードラミ

10月1日火曜日生まれ
天秤座 A型 寅年

職業:天職探し中
趣味:考えること
気質:ゾウ的
着物を着て、馬に乗って、作った音源を売り歩く。
そんな夢を実現するために格闘悶絶,抱腹絶倒,七転八倒三歩進んで五歩下がる日々を恥も外分もなく送る生き物。


calendar
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
search
忍者ブログ [PR]