忍者ブログ
●ボンバードラミの馬的着付け的音人生 (^-^)/
[243]  [241]  [240]  [239]  [238]  [237]  [236]  [235]  [234]  [233]  [232
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

録音してます。
壊れたハードディスクに。
音を取り出すことが出来ない
一度はいったら出る事が出来無い
恐怖の音館((((;゚Д゚)))))))。



こちらです。

で。

毎日少しずつ
録りためてます。

まずはストレッチをしながらの
ボイトレ2回し。
これでだいたい二時間半。
声が整って来たら
お茶など飲みつつ
先日の録音を
確認しつつ、
歌を録り直したりします。

そもそもどう録るのか。
よく分からないけど
私の場合。

まずクリックを聞きながら
歌とギターを借りで録る。
なぜ仮なのか。
ヘッドホンから漏れるクリック音が
歌のマイクを通して必ず
歌のバックに入ってしまうから!

で仮を録ったら次は
クリックを聞かないで
ギター伴奏を聴きつつ
歌を入れ直す。

さっき録った歌を薄っすら
ヘッドホンに流すという
テクニックもある。

これで発見した事は
ギターを弾きながら歌うのと
ギターを聴きながら歌うのでは
歌の入る場所が全然違う
という事!
録音しなかったら
気付かなかったね

そこでピアノ弾き語りでも
試してみたところ、
やっぱりだー。
はー。
で、弾き語りじゃないほうが
理想の場所なんです。

どう違うかといえば
弾き語りで取れた歌より
歌がだいぶ前に入ります。
弾き語り中は
なぜ理想の位置に
入らないのか

手に神経が奪われているから?

これを今年は課題として来ました。

つまり弾き語りでも理想の位置に。
です。

今回の録音から調子良く
仮が取れると
歌の位置がほとんどずれなくなった

何を変えたか

歌い方を変えた事で
声が前に出るようになったんです。
あとはそうなった上で
突き放して
なるべくやる気無く
適当にテンション低く
歌う。
チカラが入るくらいなら
音程は捨てる
でも音は明るく前に出す
そのために
心の役者に登場してもらい
すこし可愛いボンバーさん
という役どころを
演じてもらっている。
すると声が前に出る。
あたしゃ今更ながら
役者系シンガーなんだと

技術でコントロール
できる人もいるし
そうするのが
真っ当なのかもしれない。

明るい声を顔の前に出す

いちいち役者に
ならなくても^^;

しかし、方法は
なんだって良いのだ。
隣人を殺傷して
鍋でぐつぐつ煮て
食べないとならない。

そういった極端な
方法でなければ出ない
となれば大問題だが

そうでなければ自分のやり方
でやれば良いんだよきっと。

日本人は言葉を発する上で
他国と比べても
特異的だとおもうの。
まず発音がピッチ発音。
諸外国でピッチ発音しているのは
日本含め3カ国くらいしかない。
他は全てストレスアクセント。

この違いは
想像をはるかに超えて
大きい。

まず声が口の中から出てこない。
圧力(ストレス)を必要としないから。
頭骨に響かせるとか
自然に響いてしまう
とかも無いわけで
紙や草や土で作った空間は
なかなか響か無い

だから突然ぶっ飛ぶけど
日本でキリスト教に流れた人には
特に昔の時代
特徴があるんじゃないかと
あたしは推理しちゃうんだ

歌うのが好きな人は
流れやすい

気持ち良い事を
素直に好きになれる人は
流れやすい

なぜって教会ほど良く響いて
歌うに適した場所は
日本には当時無かったと思うの。
信仰心だってもちろん重要だけど
それより何より気持ちよさ!
だから今日本で活躍する音楽家やミュージシャン。
特にシンガーは教会出身者が多い。
これなんの矛盾も無い。
気持ち良い所で
気持ち良く歌ってたら
上手くなってしまった。
当然です。

しかしそうでは無い
多くの日本人にとって
歌を歌うのは超難しいのです。

響か無い空間。
発音方式のズレ

声は響くものであって
「出す」ものではない

という事を感覚的に理解する
環境が無いのだ。

馬術をした事無い人に
ロバで説明する
方が簡単なくらい
犬で説明するくらいの難しさ
じゃないかと思う。

録音はそうした場合の
有用なツールだと思います。

たっぷりリバーブなどをかけて
ヘッドホンを着けて録る。
出音を別に録音しておくと
響きのある環境(ヘッドホンの中音)
では
どういう歌い方をしているかがわかる
チカラが入らないで歌うんだよね
その場合
音程が不安定になるという
発見もある
ならば
ストレス、アタック
子音を意識しまくると
だんだん解消されてくる

子音を意識しまくる。

これは結局言葉を
伝えようとする気持ち
と同義だと思います

だから
子音を意識しまくる
のが得意ならそっちを使い、
気持ちを、言葉を
伝えようとする気持ちの
溢れかえってる人は
そっちで
てんで良いんじゃないのかな。

とにかくそんなんで
録音成果が沢山あった今年でした。

歌を六人分録りました。
三声のハモリを左右別どり
同じラインの音も二つ録って
左右に振り分けると
微妙なズレや違いが変な
フランジャーをかけてる
みたいに聞こえて
面白い!
ハモりに深みが増します。

録音は6時間くらい経つと
成果が上がらなくなります
体力の限界^^;。
そこでどうせ録り直したら
消えてしまう仮歌仮ギターを最後は録り明日に繋げて終わります。

やー。
充実します。
この成果を来年お見せできる
機会があればと思います。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
live info
■7/29(mon)
吉祥寺mandala2
ボンバードラミ(vo gt)
西海しげる(gt)
越智泰彦(eb)
start 20:00~¥2000


都内ツアーのスケジュール詳細
my space音楽配信
youtube風に還る日
youtubeニレの木祭り
youtubeニレの木祭り2
profile
ボンバードラミ

10月1日火曜日生まれ
天秤座 A型 寅年

職業:天職探し中
趣味:考えること
気質:ゾウ的
着物を着て、馬に乗って、作った音源を売り歩く。
そんな夢を実現するために格闘悶絶,抱腹絶倒,七転八倒三歩進んで五歩下がる日々を恥も外分もなく送る生き物。


calendar
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
search
忍者ブログ [PR]