忍者ブログ
●ボンバードラミの馬的着付け的音人生 (^-^)/
[12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [3]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

体験乗馬ただ券入手しました。
狭山乗馬センターです。
ご興味のある方はご一報ください。

なぜこんなに勧めたいと思うのかということをずっと考えていますがよくわかりません。
一つだけはっきりしていることは、これは「自分」、及び「人」を正確に映し出す鏡のようなものだということです。
駄目な自分のダメさ加減、意外な自分、本当の自分、オブラートに包んで見ていた虚飾された自分がそこではすべてさらけ出されてしまうのです。
よく車を運転すると人格が出るとかいいますが、それに近いのかもしれません。車は自分の意志だけど馬は人馬の意思のぶつかりあいなのです。
馬はものすごくよく人を見ています。

乗馬をやってみて初めて気付く自分。
超ビビりだということにも気付いたし、前から知ってはいたけれど、やっぱり相当大雑把だなぁということもよくわかった。それにあせり症だ。
乗馬、特に、馬場馬術ではハミと手綱、騎座、脚、にものすごく繊細で微妙な塩梅というものがある。
それは着付けにも通じるもので、もちろん音楽もそうなのだ。
「手」が「指先」に神経がゆき届かないとうまくいかない。
神経を行き届かせるためには「発想」「考え方」「内面」が大きく影響する。

例えば車を運転するにも、大雑把で、あせり症で、ビビりだと、早い話が向かないじゃなかろうか?もちろん誰にも大なり小なりそういう部分はあるだろうし、私がこれだけの人間ということもあるまい・・・・。たぶん…(^^;)。
けれど、性格的傾向は何をする時にも重大な作用になってしまうから、素の自分の傾向を知ることは対処法を考える上で大変役立つのだと思う。
大雑把であせり症でビビりなため、もの凄く慎重だというこもわかったし、危険な橋をなるべく渡りたくないと思っていることも分かった。
冒険心が少ないのだなぁと思うと、よししからばもう少し勇気を出して踏ん張ってみたらどうなるかな?なんて思えたりもする。

思ってみて、焦る。

軽い堂々巡り感はあるものの、それも自分の傾向なんだと気づく。
こうしたことが全て乗馬によってもたらされた。

副次的に背中が引き締まったり、雪かきや地面掃きなど家事的な雑用を厭わなくなる。馬に尽くす喜び。一般的に人はパートナーに尽くす喜び、ということで会得する性質を馬から教わる。誰かのためになる(しかも見返りなし)って気持ちが悪いことではないのです。むしろ心地よいことなんです。
何もしないで家でふんぞり返って今年の4月に離婚されることが確定している可哀想なおとっつぁんたちに是非知ってほしい喜びです。

一言でいえば情操教育ってことですね。
だからこそ小さい時にできたらどんなに良かっただろうって今更思います。
まぁでも遅すぎるってことはないんで。
占いとかで「あなたはこんな人だ」
「そそそそうなんですぅっ~っ!!なんでわかりました?」
なんて言っている暇があったら、お馬さんに乗ってみなってことですよ。
お馬さんが全部教えてくれますんです。

ここにはそんな師匠が70頭からいます。
師匠はニンジン、リンゴが大好きであります。
食ったら出す。
あとは寝る。

ものすごいシンプルなLIFEを教えてくれます。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
軽く詳細。
西武新宿線「狭山市」か池袋線「稲荷山公園」から送迎バスあります。
レンタル靴及びメット代のようなものは取られるかもしれません。¥1000くらいだと思われる。
大体1時間半くらい見ておいてもらえれば。
私が乗れるくらいだからだれでも乗れるでしょう。
お気軽にノリでやってみてください。

bombar 2008/02/04(Mon)01:32:23 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
live info
■7/29(mon)
吉祥寺mandala2
ボンバードラミ(vo gt)
西海しげる(gt)
越智泰彦(eb)
start 20:00~¥2000


都内ツアーのスケジュール詳細
my space音楽配信
youtube風に還る日
youtubeニレの木祭り
youtubeニレの木祭り2
profile
ボンバードラミ

10月1日火曜日生まれ
天秤座 A型 寅年

職業:天職探し中
趣味:考えること
気質:ゾウ的
着物を着て、馬に乗って、作った音源を売り歩く。
そんな夢を実現するために格闘悶絶,抱腹絶倒,七転八倒三歩進んで五歩下がる日々を恥も外分もなく送る生き物。


calendar
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
search
忍者ブログ [PR]