忍者ブログ
●ボンバードラミの馬的着付け的音人生 (^-^)/
[184]  [183]  [182]  [181]  [180]  [179]  [178]  [177]  [176]  [175]  [174
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

残暑が猛烈でござんす。

今年ほどココロならずも
クラーを使ってしまった
年はないかもしれません。

荻窪のときは
古い日本家屋で
日が当たりにくかったのと
風通しがよかったので
必要無かったのかもしれないけれど・・・。

いやいや。
今年はやっぱり異常じゃないですかね?

9月なのに浴衣に夏物の着物を着そうです。
いや。着ます。無理です。
34度で単衣は暑すぎるでしょう。
昔の暦は昔の気温基準です。
昔の今頃は27度くらいですよ。
それならむし単衣がいいですね。
若干、人より豊かな体系(綺麗な響きだ^^;)
でもって
単衣を着られてもむしろ暑苦しいというもの。
逆に夏物の着物を着られる時期が延びて
楽しいという前向きな解釈をしておこうと思います。
実際単衣着物は少なく
浴衣や夏物のほうが多いし、
柄も綺麗で涼しげで楽しめます。
9月は演奏が3件あります。
二つは一般のお客様は入れない「結婚式」です。
一つは初めてのお店旧池ノ上ボブテイル現;ルイナという店です。

結婚式は七里ガ浜のカフェと明治記念館。
七里ガ浜のカフェではピノキオ画伯と一緒。
ギター片手にリクエストされた曲(今必死に練習中。^^;)
独特のボンバーギターでの演奏だけに
どうやって曲を捌くかが難しいところでもあり、
お楽しみでもあります。

明治記念館の結婚式は日本に13歳で帰ってから
ずっと一緒の友人の結婚式。
テニスのパートナーで一緒に全国大会まで行った
戦友の結婚式。私を乗馬に導いた人でもある。
才女かつ美女でそのまま名門大学国ストレート推薦で
入学帰国子女でもないのに通訳として一流企業で活躍中です。
彼女のイキな計らいで今回引き出物にニレの木祭りを採用してもらいました。
演奏は超絶スーパーピアニスト佐久間優子さんに
伴奏を頼んでいるので超安心。
この間、録音をしてできたものを
母に聴かせてみると
「いつもこういうのしたら儲かるんじゃないの?」
だと(^^;)
ま、確かにそうだとは思うけど。
ギャラがあて呼んでもらえれば
それこそ地の果てででもどこでも行くんですけど・・・。
でなければ自力で目指すと
で乗物から作るから大変時間がかかる。
ジャズだと乗物は既にあり、
しかも便利で乗りやすく、
みんなも快適。

ところががわっちが自力で作る乗り物は
ヘンテコで、壊れやすく、乗り心地も良くない
へたすりゃみんなで押して行かなけりゃいけない。
大変だけどみんなでどっかにいけた時は
自分たちの力でどうにか出来たという喜びも
ヒトシオというもの。

便利で楽に楽しむか
結構大変だけど大変充実するか

疲れた現代人は芸能に関しても
受け身になりやすいと思います。
それがいけないとかいうことではないです

自分の力で読まないと、どうにもならない本より
つけときゃ、あとはやっててくれるDVD映画がより好まれたり

自力で見つけて買いに行かないといけないCDLPの時代から
クリック一つでタダでダウンロードできる時代。

こういう時にわざわざ演奏会場に出掛けて行って
聴く喜びということの贅沢な価値を
是非感じてほしいです。
何が贅沢かといえば、
生の音が素晴らしいから
などということが言いたいのではないのです
わざわざ出向くと
色々考えられさせられる羽目になるのです。

クリックダウンロード音楽を聴いても何かを考えるかもしれません
絶対に考えないとは言えません。
ただ多くの場合疲れて帰ってきてちゃちゃっとご飯を準備しながら
傍らで流しておく、部屋の無音を紛らわすためであったりするし
自分の部屋は心地よいので
心のタガも緩みます。
(むしろ緩んでください。なぜ張りつめる必要があるのだ)

この間友人の演奏を聴きに用賀に行きました。
つい先日はビルボードに
クリスデイブ(ロバートグラスパートリオやmosdefとよくやるドラム)と
サンダーキャット(エリカバドゥのベース)の演奏を聴きに行きました。
どちらも一人です(T_T)けど・・・。
聴いた後も、ものすごい考えさせられるような
怒涛の音楽的情報がわっさわさ入って来ました。
こちらも浴衣で行きました。
行く前の儀式のようなものです。
着付けをしてしゃきっとして、
それからえいやと聞きに行く。
バスに乗るのも面倒だし、電車も面倒です。
それでも行って何が待っているかというと
いつもより数倍速く、多く、回転する自分の
頭の中というものを感じに行くのです。
こんなに早く細かく沢山の生の情報が入ってきて
感じることは他ではなかなかない。
考えることも他ではあまりない。

家の中で音楽を聴く状態が
宮崎駿アニメを見る
ということと同じなら、
外に出て音楽を聴くということは
実際に田舎町に行って川の中で魚を取ったり
猫バスにのったり兄弟でバス停で心細くなりつつ
バスが来るのを待つというような実際体験です。

イマジネーションが膨らむ体験は己の手足、
五感を使ってしか会得できない。
是非出向いてほしいです。

9/22@池ノ上ルイナ
http://music.geocities.jp/pajan_rock/page026.html
19:45~\2000 3バンド出ますがどれもお楽しみください。
自力では絶対に探せない人たちが共演するわけで。
たまたまのご縁でこうしてタイバンとなりお客様を共有しあい
良ければまた聞きに行けるというのがタイバンの良さだと思います。
タカスギケイ(gt)氏とのツインギターもお楽しみに!!!

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
live info
■7/29(mon)
吉祥寺mandala2
ボンバードラミ(vo gt)
西海しげる(gt)
越智泰彦(eb)
start 20:00~¥2000


都内ツアーのスケジュール詳細
my space音楽配信
youtube風に還る日
youtubeニレの木祭り
youtubeニレの木祭り2
profile
ボンバードラミ

10月1日火曜日生まれ
天秤座 A型 寅年

職業:天職探し中
趣味:考えること
気質:ゾウ的
着物を着て、馬に乗って、作った音源を売り歩く。
そんな夢を実現するために格闘悶絶,抱腹絶倒,七転八倒三歩進んで五歩下がる日々を恥も外分もなく送る生き物。


calendar
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
search
忍者ブログ [PR]