忍者ブログ
●ボンバードラミの馬的着付け的音人生 (^-^)/
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いやぁ。ついに自分が探してもらう側に来てしまいました。
今日ほど親身になって他のお客さんの忘れものを探した日は無いでしょう。
こういう気持ちで毎日やってねって言う天啓を受けた気がします。

バイトに出る時間は14時。
最近は駅まで徒歩40分の道のりを走ってます。
というわけでリュックの外ポケットに携帯を入れて家を出たのは覚えているのです。
なぜなら、ストラップの犬の足がプラプラ揺れているのを団地を出て走り始めた瞬間に目撃していたのです。
「あ。影の脚が揺れているかわいい。」
なんという風なことを思ったわけです。
走り始めてすぐ、ものすごく暑いので上着を脱ぎ、走りながらそれをかばんに詰め込んだ記憶があります。
途中で靴ひもを結び直した記憶もあります。
そのあたりで落ちたのかもしれない。
MDの調子が悪く、何度も読み込みに失敗して、もうIPODを買うしかないなどと思いながら走っていたので比較的注意は散漫だったといえるでしょう。

で立川駅からは1446分の快速東京行きに乗りました。国分寺で中央特快に乗り継いで、三鷹で待っていた各駅に乗り換え吉祥寺で下車。
1512分発の京王井の頭線に乗って1530分過ぎに渋谷着。
その間のどこかで落ちたのかもしれない。
車内では携帯をいじらず激しく読書に没頭していました。

会社に着いて初めてないことに気付き、その場ですぐソフトバンクに電話をして停めました。
ソフトバンクの電話番号は他のオペレータさんがすぐに「はいっこれ!」と言って渡してくれました。こういう資料には全く事欠かない職場であります。
「いまどこサービス」を使って場所を特定してもらおうとしたら電源が落ちてますから分かりませんということだったので、駅に届けられている可能性は高い(駅は忘れ物の携帯の電源を落とすから)と思って一瞬喜んだのに休憩時間に京王線とJRどちらにもまだないと判明。
その際に初めて逆の立場で他のお客様センターに電話することになり、ちょっとわくわくしてどういう対応をしてくれるのかと期待が膨らみました。
そして判明したことは、うちのお客さまセンターかなり親切!
かつオペレータさんみんな演技力抜群だわ。声もいいし。
ということでした。
JRに至ってはどこぞの東北訛りのどんくさいお兄さんが「えと、えと・。。それでしたら。。まぁまだありませんのですぅ。」
みたいな話し方で、この人にちゃんと忘れ物を探す能力があるのか疑問すぎる・・・。全く信頼できない。
といった感じ。
ふんっ!うちが一番ね!
なんのことだ・・・。今問題はそこではないのにーっ。
無くしたショックが割と軽減されるもんだと感心してしまいました。

ほんとう、そんな場合ではないのにね。
仲間(みんなのことだけど)の携帯電話からアドレスから何からかにまで全部入っているのに・・・。 みんなの情報は多分セイフです。万一漏れ出たりしてたらほんまにすまんことです。気づいてから止めるまでの間2時間弱。多分大丈夫だと思います。

困ったと同時に、今後どうするかをとても考えてしまう。
携帯を持たずにしばらく過ごしてみようかな。
とも思うし。
これを機会に一気にIPHONEに乗り換えようかな。
とも思う。

まずどちらにしても皆さんの携帯アドレスなど送っていただければ幸い。
これを機にこいつとは永遠におさらばだぜという方以外是非教えてください。こちらからもメールしようとは思っていますが、何しろ膨大な量のデータだったので。どこから、誰から連絡していいかも分からず途方にくれております。

ちなみに明日のライブの場所は複雑なのでわからなかったら私に電話しようと考えていたそこのあなた!
携帯は上記の事情でつながりませんので、川崎ファクトリーに直接お電話ください。お願いします。

0443443640です。公にしている番号なので載せちゃいます。
渡辺治建築都市設計事務所川崎市川崎区鋼管通4-14-18
owat@rio.odn.or.jp

11月6日川崎ファクトリー
越智泰彦(EB)ボンバードラミ(VOPFGT)水季画伯(PAINT)

画伯は私が携帯を紛失したことを知りません。
はたして無事会えるのでしょうか・・・。
乞うご期待。(何に^^;?)

演奏は18時過ぎからです。終わったら宴が付きます。ご飯は川崎ファクトリー制作。皆さんは何か一品持ち寄ってください。ポテチでもお手製フォアグラのソテーでも何でも歓迎です。投げ銭です。
それでは。

何か用事の方は14時くらいまでならPCを見ている可能性があるので連絡ください。
伝書鳩を飛ばしてくれてもいいです。
電報でも。
連絡待ちます。


こいつとは永遠に縁が切れるぜ「へっ!」などとはぜひ思わぬようにお願いします。

名前と電話番号、メールアドレス、スリーサイズ、趣味、年収、彼女募集中などお書き添えくだされば、もれなく「あなたが彼氏に採用されました。」という通知付きでお返事いたします。
そういう恐ろしい目に会いたくない方は、普通に名前と携帯電話メールなどお書きいただきボンバーにMIXIーメールかbombar_d@yahoo.co.jp こちらに大変お手数ですがご一報くださると幸いです。

明日の演奏とともにどうぞよろしく。
くれぐれもよろしくm(__)m

ボンバー緊急告知でした。
PR
9月22日(WED)1930~(うちらは多分20時過ぎから)¥2000
池ノ上ルイナ(旧ボブテイル)ボンバー初上陸記念。

キーワードでアルバムを半額に!!!

ダブルアコギにちなんでキーワードは

「越後屋おぬしらもダブルアコギよのぅ」

になりました。

これをいってくれるとアルバムは半額になります。

タカスギケイ(agt)ボンバードラミ(vo.agt)


文字切れてますが、有名なジョニーさんです。
これが出てきたときは鮮烈なデビューって奴でしたが、
確かにおいしいし
けどその後路線がどんどん
名前系?

家系ラーメンならぬ名前系豆腐?

みたいなことに。

ま。いいんだけどさ。

んでもってこの

突然の「男押し」?

しかも劇画調(^^;)







男の次はおかん?





流行りものの名前系で最後は締めくくると。
よく見れば「おりょうと竜馬」となっていますね。
豆腐業界侮れず。どんな手を使ってでも売りに来ます。
見習わねば。


そんな触れ込みのスポーツドリンクがあります。

仮に一日50個のレモンを食べるとすると、と、考えると、果たしてこれは本当に体に良い飲み物なのだろうか。

疑問だ。

一日50個レモンを食べる人はいないからわからないけど、多分死ぬんじゃないかと思う

知識、情感、肉体、このそれぞれに笑いがあり、
それを生み出すダイナミクスが演者には求められる。
と枝雀さんは言った。
それぞれを万遍無くクスグル必要がある。と。
音楽もやはりそうなんだと思う。

バランスが悪くて、どこかのみに特化してしまったり、
それぞれに不十分だったり、まったくの勘違いから必要のないことばかりして時間を浪費してたり、どの道まっすぐ行かないものだろうけれど。
こうして考えてみると、まだまだ手ず数の音楽的領域がごっそり広がっている気がする。
いや。実際広がっているのだ。

そこには自然をとらえる鋭いまなざしが必要になってくる。
これ自体を磨くにはどうしたらいいのだろう。

で結局体そのものを鍛えておくしかないのかな?
という結論になる。
ピアノは指。手首、ひじ、腕、肩、腰、足、背骨、骨盤。
声も声帯、筋肉、首、肩、胸、腹筋、背筋 骨盤、足。
バランス。しなやかな体。
表現できる体。
意志を持った身体。

出したい声、理想の形なんというのは本番のその瞬間
勝負なのであって、瞬間がやってきた時に出したいような声を出せるように
とにかく準備しておく、体だけはできるようにしておく。
準備、保全、メンテ。
毎日は果てしなくこれの繰り返し。
なんで続くんだろう。
それは完ぺきな準備、保全、メンテなどどこにもないからだろう。
結局毎日やらないと意味がない。

乗馬も着付けも同じだ。
なぜ毎日なのか?
体が添うように、慣れるように、当たり前に感じて
苦も何もなくなる状態。
これが必要なんだと思う。

それには己のついてこない肉体との会話が全てになってくる。

肉体は常に思う方向と違う方向を向いている。
なかなか話に応じてはくれない。
少しでも無理をすると、ものすごい反逆にあう。
筋肉痛、腰痛となって痛め返してくる。
「ばーかばーか」
と言われている気分だ。

毎回乗馬でうち太ももと、背中が痛くなる度に。
着付けで手が届かなくてプルプルなってしまう度に。

呼吸呼吸。
すべては深呼吸から。

知っているはずなのに、わかっているはずなのに
 
呼吸を止めてしまっている自分がいる。
ゆっくり落ち着いて。何より先ずは深呼吸。
ぶひ~っ。






立川に引っ越します。
明日9月1日です。
新たな人生が始まります。
一人でだけど(^^;)というわけで
しばらくPC環境が整うまでの間留守になります。
皆様お元気で~っ。
ひゃっほ~っぅ!

実家は居心地が良い。

なんでもある。

上げ膳据え膳。
テレビ
おいしいご飯
広い部屋
ピアノ
両親の気配(これは有難い半面ストレスも多い;)

しかし
やはり今の私に必要なのは
黙々黙々(いつまでだーっ)
淡々淡々と
一人で生活すること
であると

叔父が先日ひと月の間に二人逝った。
猫も逝った。

当たり前だけれど
すべてはゆるやかに
収束する方向へ向かっている

いずれは両親も逝く
普通の順番であれば

一人で生きていることが
当たり前になっていないと
とてもではないが耐えられそうもない

だからこそ
人と人は
常に呼び合っているのだ

であればこそ
呼び合える関係の
なんとありがたいことよ

仲間友人の存在の
有難さは
年を追うごとに深まっていく

準備準備


物件チェックを進めて
一軒目にしてほぼ確定という
素晴らしい物件に行き当たりました

立川です
大きな街ですが
一歩外れると緑地が広がっています

相変わらず駅から遠いのが好きです
バイトには不便だけど
多摩川の支線沿いに遊歩道があって
早速シギの2羽に遭遇

ぶもぅぶもぅ

お。

ウシガエルっ(^^;)

そんなこんなで

まだはっきりしないけれど
多分立川に行くことになります。

乗馬、バイト、音楽、
この三点の
人生バミューダトライアングル
の真ん中がここです

遭難しないようにしないとね

 



空はどこまでも青く。
若葉はあくまでも緑で。





なんだか嬉しくてついこんなかっこうのわっちです。





そしてねこです。


そもそも今回の強引にmyspaceができあがっちゃった経緯をお話しします。

実をいえば、地底から這い上がろうとする「後悔」の念から生じたものでした。
演奏でうまくいかないと(行くことはめったにないが^^;)激しく後悔してしまうのが常となっているようなのだ。
それを打開しようと何かを始めてしまったり、別の方法はないかと色々考えてしまうのです。そして、乗馬を始めるなど、音楽をしているのなら別の方法があるんじゃないか?というごく至極な突っ込みをもらう羽目に陥る。
誤って行ってしまった乗馬に対しては何の後悔もなく、むしろ感謝しているくらいだ。むしろ誤ってすらいないんじゃないかという気さえする。
そんなところで悶々としていると、ふとある見知らぬ方からメールをもらったのです。
神は私を見捨ててはいなかったのです。
http://www.simplesize.com/
ここのhpのBGMを聞いて、CDが販売されていると書いてあるのに売ってないみたいなんですけど、どうしたらよいでしょう?といった内容のメールでありました。
あわてて、前のアルバムの在庫を探すもののもうとっくにない。
正直そういう事があったことさえほぼ忘れかけていた。(ごめんなさいsimplesizeさん薄情者です久々にhpを確認するとものすごく大きくなってました。なのに相変わらずBGMとして採用していただいているという社長さんの心の広さよ。)
家の奥深くしまわれてしまったアルバムのマスター音源を探すのもなぁと思っていたとき、ふとMYSPACEを思い出しアクセスしてみる。
最近自分でblogも更新したりしているので何とかなるんじゃないかという淡い期待が体の中を運動後のポカリスウェットのように駆け巡るのを感じる。

ここから登録というところを見つけて早速登録してみる。
あっという間の登録だ。
なんだやればできるのだ。そうなのだ。そうだったのだ!いつになく鼻息も荒く、しからば早速音源のアップなど、と思いキョロキョロ見渡すも、どこにもその項目がない。
しばし沈黙。
ん?

よく見れば一般登録とアーティスト登録は別物。
なーるほど。
いったん一般登録抜け、再度アーティスト登録。
そして音源アップという奇跡に繋がったのでした。
けもの道から何曲かとライブから何曲か、そしてハードディスクレコーダーで録音を試しそれがPCに送れるかを実験した曲が一曲無事にアップされたのです。
ちなみにけもの道を録っていた周辺でとった曲がhttp://www.myspace.com/senoguitar
ギターの妹尾さんのMy spaceにもアップされてます。

こうして、ボンバーは悟るのです。
「後悔はしてみるもんだ。」
薄情な自分、演奏がうまくいかない自分、機械が苦手な自分。
ヤバイどうにかしなけりゃという焦りが何かを生み出すのです。
しかも今回はやや音楽方面だったのでほっとします。
「ヨーヨーを始めました。」
とか言いださずに済んでほっとしてます。

機械に向かない。せっかちすぎます。
書いた文章がドバット消えると泣けます。
で、結局何が言いたかったんだっけ?
別に大したことも大層なことも何もないのだ。

定額給付金に怒っているという文章を書いていたのだ。

2兆円あるならもう少しましな還元の仕方があるのではないか?
12000円ぽっち放り投げられても、だからどうした?って話なのだ。
付け焼刃、一時しのぎ、焼け石に水。
今どき12000円もらって潤ったなぁ嬉しいなぁと感じる国民がどれほどいるのか?
これでは少なくとも国が期待している感謝は国民からもらえない。
12000円でこっちの金玉を握ろうとしているその根性に腹が立つのだ。
12000円やったから税金上げるけど文句言うなよ。
と彼らは言ってるんですよ。12000円で将来無限の財源を引き出そうとしているのです。
需要を刺激できるような額ではないでしょう12000円なんて。

長期的な経済、環境、農業、学習対策のシステム導入とその補助金、補正金に、使われそれが間接的に半永久的に還元されることが望ましい。

子供を産みやすくするための補助金。
保育園の設立。保育士育成。保育園のスタッフの給料を上げて、お母さんの負担は逆に減らす。
これなら今有難くなくても、いずれ有難い人はたくさんいよう。
森と川を守るための2兆円。
こういう事業にかかわる人たちの給料が手厚く、保険なども手厚くなれば関わる人の人数も飛躍的に増えよう。我々は豊かな自然を彼らのおかげで享受できるという恩恵に半永久的に子孫の代まであずかれるのだ。
土建屋さんに厳しい法整備も必要だ。
これをやっても儲からないからやめようと思わせないと日本に蔓延る土建屋は駆除できない。

音楽だってそうだ。
ミュージシャンに手厚く、お客さんにやさしいチャージ設定はないのか。
投げ銭は確かにそういう意味ではどちらをも慮った制度で現行これしかないのかもしれない。
本来ミュージシャンはギャラを保障されるべきだと私は思う。
国からは補助金が出るからこれがミュージシャンとお客さんと店に還元される。
ミュージシャンはギャラを保証され、お客さんは安価な料金で楽しめる。
店はマイナスを補てんする必要がない。
人間は安いものに流れるようにできているのだ。
品質を落とすことなく助成金でミュージシャンと客と店を満足させる。
国はそういう事にもっとお金を使ってほしい。
チャージの半額は国が助成。
これ是非やってほしい。
キューバのようにミュージシャンが国家公務員でランクがA~Gまであってそれに合わせて給料をもらって毎日練習するなんて理想的。
日本のように練習しているだけじゃ一銭にもならないのではレベルが落ちる一方だ。上達した分を国が保証してくれりゃやりがいはある。
そろそろ資本主義は矛盾の頂点を超えてきているのだ。
これからはそういう意味でも共産主義が見直される時期に入ってきている。

ピンキリまで包容力で受け入れる良さがこれまた日本の良さでもある。
資本主義の良さでもある。
好きなことはやっても良し。
ただしギャラがほしければそれなりのモノを提供してもらうよ。
ってことで。

あぁ。これ厳しいな。
ギャラがもらえるくらいの責任ある演奏なんてほんと厳しいよ。
激アマのヌルヌルのぬるま湯につかっているんだなぁ。
いつも書いてて最後は自分が一番痛いんじゃんってことになっちゃう(^^;)
たまには国のことボロカスに言って楽になりたかっただけなのに。

でも国はやるべきだと思うよ。
こんな意味もなく金ばらまくんじゃなくて。
考えて2兆円を一番生きる方法で使うべきだ。
何も考えられなかった最後の方法がそのまま返すだよ。
これじゃ始めから何も考える気がありませんと言ってるようなもんだ。

12000円をばらまくために一体いくらの経費を使うおつもりかは知らないけど、世の中には、はるかに経費を節減しつつより多くの価値を国民に還元できる方法がまだたっくさん眠っているはずだ。
あけまして
おめでとうございます

今年も弾け飛んでゆきます(ジーンズのボタンが^^+)

新年そうそう悪夢を見てしまいちょっと落ちています。☈
着物がうまく着られなくて、お店に遅刻する夢です。
帯締めを忘れたのです。なぜかデパートのようなところで着替えていました。
夢って設定がぐちゃぐちゃで面白いのですね。
でも1954分になってしまい、20時までに入らなくては行けなのにまだ着物が切られていないという最悪の状況。
思えば人生いつもこんな感じで焦っているというのがわっちの人生かもしれない。

成行きに任せるしかないのに、もがくんだよねー。
そこで成行きにまかせられちゃう人はきっと人生楽しく生きられる。
わかっていながら、些細なことでもがくんだ。
で躓く必要のない石で躓いて。
倒れる必要もないのないのに倒れるんだ。
打つ必要もない頭を打って瀕死の重傷を負う。

人生って間抜けです。

今年こそは録音します。
しかもやりたいことをやるためにハードディスクレーコーダを使って一人でできるようにしおうと決心。
ちょっと4月に間に合うかは微妙な情勢。
単純録音は出来るようになりました。
あとは応用編です。
やればできる?

ほんまかーっ。

やや疑問は残るもののやりたい景色ははっきり見えてきてます。
それを頭から取り出して商品化するのって気の遠くなる道のりだと思うわ。
身を任せて楽しめるよう、無駄な石につまずかぬよう、心してかかるとします。
NEC_0005.jpg















12月24日暇な(暇でいいのか?)人は来ておくんな❤


このラブラブ写真が効いたのか、満員御礼のお運びでありがとうございました。
ひそやかにいとひそやかにギターデビューしておこうと思ったのに全くもって想定外の派手派手デビューになり、こちとらあんぐりでした。


お陰様で猫さんの里親は無事見つかりました。
よかったよかった。(^^;)

只今里親を募集しています。
アメリカンカール3歳♂です。
どうしてもという方はご一報。
おじいさんはなんかの賞をもらったこともあるえらい猫さんだそうです。
遊びと脱線と実験の人生を送っている。

結婚して子供をもうけ、それに伴う様々な仕事に従事する人は世の中にはたくさんいる。
それをしながら音楽をしていく人生もあろう。
音楽だけを人生の中心に配して生きる人もいる。
それぞれのスタンス。それぞれの許容量。それぞれの広がり。
子供を産んで音楽が良くなるケースは多々ある。
特に母親は子供を産むことでシナプスの働きが実際によくなるという研究結果もあり、他の仕事をずいぶんと大量にこなせるようになるらしい。
子供を産んだら時間がなくなって音楽ができなくなるというような心配はみじんもないのだ。
だからわっちだっていつ産んだっていいのだ。
相手さえいればっはっはっ(^^;)

音楽だけを考えて生きているという人は実際は少ないのではないか?
音楽というアスペクトは、リズムメロディーハーモニーを骨格としていたとしても、さらに様々な肉を自然に付帯する。
良い肉を良い骨の周りに配するためには自分の仕事をどう理解するかということが非常に重要になり、またそれによって日々のトレーニングの姿勢などが変わる。

ボーカルの仕事とは何か。
歌の仕事とは何だろう。
ジャズボーカルの仕事とは何だろう。

この3つが違う質問だということが意外と知られていない。
この3つの質問ではそれぞれ違うことが聞かれており、よって答えも当然変わってくるのだ。

わっちはこれに正確に答えられる自信がない。

ボーカルの仕事は、
現場を色々な意味で華やかにすることであり、お客様と音楽の距離を簡易に近づける役割を果たすものである。

歌の仕事は、
曲のテーマや主旋律を歌う限りにおいては、他の楽器に先立ち、この曲はこのように流れてゆくのだというテーゼを明確に打ち出し、他の楽器をそれに従わせ曲の真意がお客様にブレズに伝わるような力を身につけることである。

ジャズシンガーの仕事は、
上記を満たした上で、それがジャズに聞こえるようにするというのが仕事だ。

こんな感じかもしれない。

そうではないかもしれない。

いずれにしてもしっかりした骨格さえあればそこに何がつこうが聞かせられるだろう。

最近のわっちの大きな悩みは、社会と自分と音楽のかかわりにおける音楽の果たす、果たせる、果たさねばならぬ役割についてである。
社会では毎日色々なことが起きている。
今を無視して出来る音楽などはこの世にない。
では社会では毎日何が起こっていると見るべきなのか。
それこそがその人の社会の見方であり、食べ物の嗜好のようなことなのかもしれない。
食べ物が違えば排せつ物が違うように、社会の見方一つで出てくる音楽が変わる。
もちろん日々の鍛錬により骨を鍛えるのは当たり前としても、食べ物で排せつ物は決まる。
排泄物こそ自分の作った尊い音楽。

社会をどのようにみるのか。
毎日何が起きているのか。

今なぜチベットなのか?

なぜ平和なのか?

平和とは何か?

仲間を守るために人は人を殺すのか。

立派な大義があれば人は人を殺してよいのか。

立派な大義

そもそも

立派とはなにか?

外人に聞かれた

「なぜ日本人は勤勉なのか?」

こう答えた。

「fear of being recognized as a hipocrite」

猫かぶりと思われることへの恐怖から。

~と思われたくないから。

誰に?

私の仕事は

ただひたすらにその迷いの庭の中の1庭師を目指し、思考し、脱線し、実験し、失敗し、たまには成功もし、少しずつ何かがどこかへ転がって行っているということを確かめる小さな小屋の番人兼見習い庭師のようなものだ。
それがなかなかお金を生み出さないものの、家がそれで傾く心配が今のところないのでこの幸せで穏やかな小屋の番人状態を続けている。

平たく言えばプータローだ。
ニートだ。

この小屋の番人の仕事は毎日ひたすら同じことを繰り返すことで、一か所ぶれ無いところを作って、それの周りでぶれてゆく自分の位置を逐一チェックして、その距離間ぶれ方など様々な内的自分的法則をまるでお天気を図る予測師のように、グラフ化図式化していくことである。それは自分にしかわからないことだ。常に自分に集中していくのだ。そんなことにだれもお金など払ってくれないのだ。

多くの人は別のアルバイトをこなしながら同時に番人の仕事もこなしている。
それはすごく大変なことである。
わっちは何をするにも人の倍以上の労力と時間がないと達成できない愚図人であるから、のんびりと蝸牛のような歩みで進んでゆくしかない。

乗馬を初めてからというもの、自分のそうした石橋を叩き壊して渡れなくするような性格を発見し、それはそれであきらめるしかないと強く悟った。
些細な事にもいちいちビビってしまうのだ。

いま一つ変わり始めている声の変化をビビりつつも認識し受け止め、その変化と勇気を出して付き合おうと思っているところだ。

この変化は自分にわかりやすい実感を与えてくれない類の変化だ。
つまりその場の実感がどんどんなくなってゆき、足場がぐらぐら崩れていく類の不安感なのだ。
声帯振動人である以上この変化は通らなくてはいけない道だ。
これを通り抜けることができれば
目がほとんど見えなくても描いていたモネの境地へと続く道に入れることになる。
つまりそれはそれほど大変な道だ。

声帯の神経を頼りに音を出し、聴覚を一切信用しないのだ。
(その点に関してだけはという意味でだけど)
歌っている時点で大概の歌手は大失敗を犯しているということになってしまうのだ。
体を楽器として自在に使うということはじつに大変なことなのだと、改めて、全身でビビってしまうのだ。

そりゃ~1㌔5万円の赤身のマグロに包丁を入れるようなものだ。
怖くて震えてしまう。
それを出す相手がたとえ1㌔500円のマグロと味の区別がつかない相手だろうと何だろうとそれはどえらい緊張なのだ。

なんだろうと思う。
携帯をどこかで落してしまいました。
どんなにショックなのかと思ったら、ショックより解放感のほうが大きかった。
なんか見えない鎖に縛られていたんだなぁ。
現在は緊急停止状態にしているのだが、見つかっても復活させるかはあやしい。
毎月15000円近くかかっている携帯代。わざわざ自分を鎖につないでそんなお金を払うなら、馬に10鞍乗った方が幸せかもしれない。
300人近い友人知人の電話番号が一気に無くなったのは悲しいけど、今はメールもあるしブログもあるし、それより2年3年以上あってもいない話してもいない人たちと今後も話すことがあるのだろうか?ミュージシャンも友人も最低限、最近お付き合いのある方たちの番号だけあれば生きていける気がしている。

というわけでこれからは実家の電話、ファックスおよび、メールとmixiですべて対応していこうと思います。待ち合わせなどは面倒かもしれないけど、10年、15年前はこれが当たり前だったんだから何とかなるでしょう。
御用の方は実家の電話番号をいつでもお教えいたしますので、まずはメールをください。
これからは手帳が大活躍するんだろうなぁ。
そしていつかそれを無くすんだろうなぁ。
そうしたらどうなるんだろう。
じゃっかんの不安は残るものの。
何とか携帯とおさらばできるかもしれないというわくわくでいっぱいになっております。

ポーランドの画家ニキフォル。

強く美しい存在は受け入れがたいものだ。
自然に近いからじゃないか?
あるがままに自分を受け入れる。
どうして、簡単なはずが、そうならない。
こういう存在を目の当たりにするのは苦しいし、痛い。
君は何から逃げてるの。
そんな風に存在自体がスブッと刺さる。
もちろん本人にはそんな気はみじんもないのだけど。
いっそ悪気があったほうが救われる。

今週は6本の映画を借りた。
すぐに手が出やすいのは娯楽もの。
楽だから。

昔もジャニスジョプリンのcdを買って、聞くのに2年かかった。

本当に心に届くものは
「手に取りにくいの」

だって少なからず痛いんだもの。

でも結局苦しむとわかっていながら手に取らないわけにはいかないんだよね。

届くのはそうした痛いもの。
痛いから触りたくないのに。
触らないと絶対後悔するってなんで知ってるんだろう。
たまらんなぁ。

銃弾に倒れた野生生物の最後の呼吸のいくつかを目の当たりにするような痛さ。

生物の眼に宿る諦観。
なのに強く美しい。
だから強く美しい。

美しくなればなるほど鋭く尖り人を寄せ付けない。

そんなニキフォル兄さんに圧倒された。

ちなみに演じていたのは女優さんだった。
二度圧倒される。


引っ越しと同時に、パソコンを買い替えた関係で。・・・・・・。
いえ。
本当はそんな関係じゃないのです。
単なる私の不注意で、多くの方のメールアドレスが新パソコンのほうに移ってきていないみたいなんです。
最近私から嫌がらせ告知お知らせメールが来なくてほっと安堵している皆さん!!
即刻わっちにメールアドレスをお知らせください。じゃんじゃんお知らせください。
m(__)m


live info
■7/29(mon)
吉祥寺mandala2
ボンバードラミ(vo gt)
西海しげる(gt)
越智泰彦(eb)
start 20:00~¥2000


都内ツアーのスケジュール詳細
my space音楽配信
youtube風に還る日
youtubeニレの木祭り
youtubeニレの木祭り2
profile
ボンバードラミ

10月1日火曜日生まれ
天秤座 A型 寅年

職業:天職探し中
趣味:考えること
気質:ゾウ的
着物を着て、馬に乗って、作った音源を売り歩く。
そんな夢を実現するために格闘悶絶,抱腹絶倒,七転八倒三歩進んで五歩下がる日々を恥も外分もなく送る生き物。


calendar
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
search
忍者ブログ [PR]