忍者ブログ
●ボンバードラミの馬的着付け的音人生 (^-^)/
[330]  [329]  [328]  [327]  [326]  [325]  [324]  [323]  [322]  [321]  [320
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小三治と前座の違いは何だろうと思ったとき。
(前座と比べてごめんなさい。^^;)
ふと笑わそうとしているかいないかだなと思った。
AといってBといってからCと言えば落ちる。
これが笑い所だという気負いのようなものが言葉に与える
リキミのようなものが結局客を離してしまう。
前座さんを聴いていると
表層の技術が未達だという事以外にも
そういう心構えみたいなものが見えてしまう。
今から笑わせますんでどうぞよろしくみたいな事ですね。
そうすると不思議なくらい、突っ込みの台詞が滑っていく。
そこに照準を合わせてリキミがきつくなるから言葉もかみ易くなる。
ここで笑いどころですよ、どうだ!とやって滑って笑いがこないもんだから
更に焦るという悪循環。
だから能動的にあきらめて突き放して噺に身を委ねるという。
これはただのあきらめる。やめた!ってんではないから逆に難しいのだ。
能動的あきらめ体制に移行できるためには絶対的自信が必要で
それを支えるのが技術なんだと思う。
その境地に行くための技術なのであって、
ただ「技術有りますでしょう」 というのではかえって鼻につく。
なんのための技術なのかと言う事を理解しない技術は
結局意味のない技術だけど
だから技術がなくてよいという短絡に陥ってはもっと行けない。
だから最近歌わないように歌わないようにと気を使うけど
そもそも歌わないようしたらそこらの素人以下になってしまうという
技術不全が付いて回る。 恐ろしい(^^;)
あきらめの境地に入りましたと言って
素人演芸みたいなものをさらしているのが音楽業界であり
それを応援して育てるというのがお客さんの有り様だと言うなら
こんなにないがしろな事はない。
落語がすばらしいのは一回の演芸を見に行くと
グラデーションでトップダウンが見られる事だ。
前座が独演会をやったって誰も見に来ない。
だけど誰かの弟子で前座をつとめるという事で
たくさんの客の目に触れ、許される機会がある。
音楽業界には二つ目あたりをうろうろしている輩(私だけど) が多すぎる。
だけど誰の弟子でもないから落語のようなライブの組み方は出来ない。
二つ目が独演会をやって埋まるのは三三くらいのもんで
(そういうことやってたかどうか?)
よく音楽と落語がにてるようなことを言うけど
圧倒的に音楽が遅れを取っているという気がしてならない。
その原因の一端をシステム不全が担っているのではないか。
前座が大量の客を背負うことが前座の時代から許されるというのが
何よりも重要であり、 そこでは前座が育つだけではなく
客もそういう技術不全の不完全未発達なものを許容していく事を学ぶ。
そういう箱と客とやり手のシステムのようなものが
音楽業界にないのは業界を先細りさせる要因の一つだと痛感する。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
live info
■7/29(mon)
吉祥寺mandala2
ボンバードラミ(vo gt)
西海しげる(gt)
越智泰彦(eb)
start 20:00~¥2000


都内ツアーのスケジュール詳細
my space音楽配信
youtube風に還る日
youtubeニレの木祭り
youtubeニレの木祭り2
profile
ボンバードラミ

10月1日火曜日生まれ
天秤座 A型 寅年

職業:天職探し中
趣味:考えること
気質:ゾウ的
着物を着て、馬に乗って、作った音源を売り歩く。
そんな夢を実現するために格闘悶絶,抱腹絶倒,七転八倒三歩進んで五歩下がる日々を恥も外分もなく送る生き物。


calendar
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
search
忍者ブログ [PR]