忍者ブログ
●ボンバードラミの馬的着付け的音人生 (^-^)/
[99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [90]  [89
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私事ではありますが、22年半連れ添った猫さんが先日とうとう逝きました。

我が家の家の道を挟んで目の前が、幸か不幸か動物のお墓であり、
そこへ持って行けばあっという間のお別れという何ともコンビニエントな流れ。
しかしそれをどうも何かが拒むらしく、住職に聴きに行くと今日のお勤めは終了しましたという。
明日またおいで
となり、
猫さんを囲んで久々にお酒を飲みながらのお通夜となりました。

22年というのは猫としては相当な長さです。
私年表で言うと、丁度アメリカから帰国して、
中野の松が丘のマンションに引っ越して
久々の日本にまったくなじめず状態の頃に猫さんが来たのであります。

猫でも飼おうかという流れが
どこから出たのかはよく覚えていませんが、
偶然のように何かの流れで、
ある日、里親の方が猫が4,5匹入った箱を持って来てくれて、
コロコロの子猫がワラワラうちの部屋を駆けずり回っていた光景は
まるで昨日のことのように鮮明に覚えている。

あれから既に22年が経過し、
その間色々な事柄が起きて、
そのすべてを横目でずっと見るともなく眺めていた猫さんは
見届け人のような存在でもあり、
ある時は妹、ある時からねぇさん、ある時から母さん。
ある時から世話役。そして仕舞には仙人。師匠。
最後は化け物と化していました。

最後の何日かは立ち上がることもできず、
こうやって生き物は次第に
「風に還るんだ」
と改めて深く感じ入りました。

発見したのは

人は苦しみや悲しみを何とかしようとすると、
無意識にアドレナをドバット出すという事。

バイオリズムに同調するという事。

猫の体調がまずくなるにつれ、
わっちも体調が悪化し、
リハーサルをやむなく中止し、
一日家で休むことにした。
まさにそのタイミングで猫さんはゆきました。

こちらは悲しみと痛みを何とか軽減しようと、
気持ちよくなってきて、爽快な気分に。
何でも出来る。今なら飛べる。
そんな万能カンに満たされ。
超危険。

別のところで声がするのです。

いったいいつになったら
GETOVER(乗り越えられる)のかよくわからないけど、
生きとし生けるものは死ぬ。
そんなのわかっってっっけど、
体は無意識に反応する部分が9割で
それはアンコントローラブル。
そちらをどうすることももはやわっちには出来ない。
マラソンを走ってる人にアドレナを出すなと言っても無理なように。

とにかくこんなに長い間
一緒にいられて
幸せであったことだけは間違いない。

猫さん豊かな人生をありがとう。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
live info
■7/29(mon)
吉祥寺mandala2
ボンバードラミ(vo gt)
西海しげる(gt)
越智泰彦(eb)
start 20:00~¥2000


都内ツアーのスケジュール詳細
my space音楽配信
youtube風に還る日
youtubeニレの木祭り
youtubeニレの木祭り2
profile
ボンバードラミ

10月1日火曜日生まれ
天秤座 A型 寅年

職業:天職探し中
趣味:考えること
気質:ゾウ的
着物を着て、馬に乗って、作った音源を売り歩く。
そんな夢を実現するために格闘悶絶,抱腹絶倒,七転八倒三歩進んで五歩下がる日々を恥も外分もなく送る生き物。


calendar
12 2020/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
search
忍者ブログ [PR]