忍者ブログ
●ボンバードラミの馬的着付け的音人生 (^-^)/
[56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [46]  [45
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


これが我が家のピアノの上の状況であります。
現在おじさんが三人ハモッており。(10年くらい前からずっとハモッている)
後ろには枯れ花のバスケット。
このランプはアメリカ時代から使っているものです。
写真を自分で貼り付けられるようになりました。
えへへ
先ほど衛星放送で父と娘の歌という宇野重吉と吉永小百合の両方音楽家というなんだか最初から見たかったなぁ~な、映画をやっておりました。
日本人がこんな風だった時代って本当にあるんだなとうらやむような気持ちです。
上品で清楚で静謐でだけど今よりあっけらかんとして底抜けに明るい。
用具室のおじさんをたたき起こして「ピアノ室の鍵貸して!」と吉永小百合扮する音大生。
「もうこんなに早く迷惑だなぁ。」と目をこすりこすりおやじ。
「そんなことどうでもいいから早くちょうだいよ」と、おじさんの手からカギをもぎ取り練習室へ駆けだす小百合。
今ならこういうことはやらないだろうな。やらせないだろうよ。天下のアイドルに。
けどこの時代にこういうのはちっともおかしくない。
むしろピアノが弾きたくてしょうがない女の子のはじけそうな心が的確に表れている。
けど今の映画でこれは無い。
なぜなら同じセリフを今の子がやったらタダのはすっ葉な不良仕立てにしかならないからだ。
小百合さんの清楚で上品な物腰は演技だけではない。
本人自身からにじみ出ちゃっているのでしょう。
一見乱暴なシーンも彼女なら下品な不良にならない。
それにしても白黒時代の吉永小百合最高です。
いろんな角度でいろんな違った小百合さんが見られる。そしてどの角度も印象的。
特に横顔なんかもう若いのにものすごい色けです。
「キュポラのある町」の小百合さんもこの小百合さんも魅力的です。
明日あたり伊豆の踊子でもやるのかな。
ちょっと楽しみになってきました。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
live info
■7/29(mon)
吉祥寺mandala2
ボンバードラミ(vo gt)
西海しげる(gt)
越智泰彦(eb)
start 20:00~¥2000


都内ツアーのスケジュール詳細
my space音楽配信
youtube風に還る日
youtubeニレの木祭り
youtubeニレの木祭り2
profile
ボンバードラミ

10月1日火曜日生まれ
天秤座 A型 寅年

職業:天職探し中
趣味:考えること
気質:ゾウ的
着物を着て、馬に乗って、作った音源を売り歩く。
そんな夢を実現するために格闘悶絶,抱腹絶倒,七転八倒三歩進んで五歩下がる日々を恥も外分もなく送る生き物。


calendar
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
search
忍者ブログ [PR]