忍者ブログ
●ボンバードラミの馬的着付け的音人生 (^-^)/
[224]  [223]  [222]  [221]  [220]  [219]  [218]  [217]  [216]  [215]  [214
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

地震以来立て続けに訃報が続く。



病死もあるし、自殺もある。



「自殺も病死」

最近強く感じることです。



病気や事故に比べて

自殺は自発的と思われているけど

果たしてどうなのだろう。




自発的な行為だと本人に思い込ませる病気

それこそが自殺の実態なんじゃないかと思うようになる



その兆候としてまず鬱がある。



ここで脳が無意識領域に無意識的に爆弾を埋め込む。

それが何かのショック(今回では地震とか)

あるいは複合的な要因で

爆発すると人は自殺する。



しかし実は自殺しているのではなく

無意識の誘導で自殺させられているのだ



鬱になるということは

ある脳内物質が大量に発生してしまうこと

その物質が自殺地雷装置を

無意識領域の適当な場所に運び込む潤滑油的役割をもつ

さらに時限爆弾のスイッチを入れる

振動センサーとタイマーを併せ持った複雑な装置だ



これを死ぬまで発動させないっていうのは

大変なことなんだと思う

自殺だけに、自分でやったと思っているのに

その実は、地雷を踏んだだけ。

なんてちょっとむかつく。



無意識の意識に対する勝利宣言



それだけ普段 私たちは意識に

左右されて右往左往して生きているということであり

意識的に死を選んでいるつもりでも

単に無意識に弄ばれた操り人形に過ぎない。



人間は結局自発的には死ねない動物なんです。




自発的に死んだと思い込める動物でしかないのです。



なんかそんなの悔しくない?





世間の反応もいつも変だと思う。



「色々あって大変だたんだ」とか、

「なんで?」とか、

「残念です」とか

同情的に言うけど

それは社交辞令であり

本音ではないはず。



心の声を無視してるんじゃないかと思う。



自殺とは単に鬱の反応でしかないと思うの。



風邪をひいたら咳が出る。

鬱になったら自殺する。



風邪で咳が出ているときに「咳」の部分を取り上げて

可哀想とは言わない。

風邪全体を大変だと思うのであって

ひいては、なぜ風邪になったんだというとき

それはその人事自体に原因があることがほとんどだ。

寝冷えとか、ハードすぎるスケジュールとか。



睡眠障害とか、ハードスケジュールとか、酒の飲み過ぎとか、家庭環境とか、

そういうものが複合的に組み合わさって人は鬱になりやすい体質を作っていくんじゃないのですか。



突き詰めればそもそも大変にしているのも自分自身なんだ。

(避けられない要因も含めて)



で風邪ひいて咳が出て周りの人たちにその席のエキスをまき散らすのだ。



日本では風邪をひいているのに仕事をするのは

凄い事、エライ事、という扱いになっている。

以前ある現場でもウエイターがゲホゲホ咳をしながら

さも誇らしげに、給仕をしているのを見て

客商売を一体何だと思っているのだ

と憤りを覚えた

しかもその中で演奏するこっちの身にもなってくれ

毎日毎日、そいつの咳を浴びながら

風邪をひいてはいけないという

こっちの身も



はっきり言おう。



こういうのは迷惑なのだ。



残念とか、可哀想とか、いってるけど

本当は迷惑なのだ。

迷惑などというと

周りの友達がダッシュで

逃げていくから言わないだけで



そういうのをタブー視して

こういうときは可哀想とかご冥福を祈ってます

とかいってりゃいい人に見えるという

のがわっちは大嫌いです。



別にわざわざ声を大にして

そこら中の人を敵にしてまで

言うことでもないのかもしれないけど



自殺とは

さまざまな意識に響く要因を餌に

まるで自発的に死を選びとったと

本人に思い込ませる

甘美なナルシスト的病気なのです。



更にいざ行為に及ぶ時は無意識なのです。

ついに無意識が前面に出てきて行動をさせるのです。



それを証拠に失敗した人は

正気に返って

ホッとするのです

それで

自分にかけていた思い込みの呪文が

外れるのです



繰り返す人は

そもそも

呪文が取れないくらいの浅瀬までしか行かないのです



呪文が取れてしまったら

「本当の現実」に思い込みなしで立ち向かわなくてはならなく

甘美などはどこにもないからです



辛いし何もないのが人生で

そんなのそれこそ耐えられないのです



だから人生を全てかけていうのです。





「楽な道を選べて良かったね。」





と。





で本当に言いたいのは

こういうことを言うと、

人道から外れているとか、

ひどいとか

死者の立場に立ってないとか

もっともらしいPTA発言が

聞こえてくるけど、

そのPTA発言こそ

おかしいんじゃないのか?

ということ。


死者に対して残念と思わないわけではない。

でもそれ以外のことを言ったら村八分にしてやるっていう

空気を今の日本は全体で流し過ぎている。

その空気におびえて何も言えなくなって

お利口さん風を装っているだけの社会になっている。

それこそが本当のおかしさです。



いい機会だから考えたほうがいい。

地震のスイッチで

動物として死にやすくなっている今

本当に考えたほうがいい

決定的に手遅れになる前に。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
live info
■7/29(mon)
吉祥寺mandala2
ボンバードラミ(vo gt)
西海しげる(gt)
越智泰彦(eb)
start 20:00~¥2000


都内ツアーのスケジュール詳細
my space音楽配信
youtube風に還る日
youtubeニレの木祭り
youtubeニレの木祭り2
profile
ボンバードラミ

10月1日火曜日生まれ
天秤座 A型 寅年

職業:天職探し中
趣味:考えること
気質:ゾウ的
着物を着て、馬に乗って、作った音源を売り歩く。
そんな夢を実現するために格闘悶絶,抱腹絶倒,七転八倒三歩進んで五歩下がる日々を恥も外分もなく送る生き物。


calendar
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
search
忍者ブログ [PR]